芸術

映画『桐島、部活やめるってよ』 不在の存在証明

投稿日:2019-08-07 更新日:

あらすじ

とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。

監督:吉田大八

キャスト:神木隆之介,橋本愛,東出昌大

高校の時、僕は部活をやっていなかった。

卓球部に入部してすぐにやめ、その後写真部に籍だけ置いていた。

写真部の活動は学校行事がある時だけカメラで写真を取るくらいだった。

それ以外は友だちとすぐに下校して遊んでいた。

僕はそもそも高校に入るつもりがなかった。

中学を卒業したらすぐに専門学校に入って絵を描こうと思っていた。

高校くらいは出とけ

両親にそう反対されたから入っただけの事で、僕にとって高校の三年間は別になくてもよかった。

そんな僕にとって「桐島が部活をやめる!」と騒ぐこの映画のテンションがひどく滑稽に思えた。

登場人物の全員に自分の同級生たちの顔をうまく当てはめる事が出来るけど、「桐島」みたいな同級生だけはいなかった。

映画でも肝心の桐島は不在の状態で物語の中にいる。

勉強、スポーツ優秀。イケメン。

人望があるクラスの人気者。

桐島はスクールカーストの頂点にいるような存在。

でも実際はどこの学校にも見当たらない稀有な存在だと思う。

宏樹みたいなリア充は僕の同級生にも思い当たるのがいる。

桐島はカーストの頂点でリア充でありながら、なぜか宏樹たちみたいな嫌味な感じがしない。

カーストの下層にいるような前田タイプの人間にも、その他大勢の人間にも尊敬の眼差しで見られている。

断片的にしか入って来ない桐島に関する情報から、そんな印象を受けた。

時折桐島の視点から他のみんなを眺めているようなカットが入るけど、その時の桐島はぼんやりとした亡霊のような希薄ささえ感じさせた。

桐島が部活をやめる理由は誰も知らない。

親友の宏樹も、彼女の梨沙も知らない。

大注目を浴びているのに透明な存在。

桐島みたいな人間は、どこの学校を探してもおそらくいないだろう。

誰にも当てはまらない唯一の人物として「桐島」は物語の中にだけいる。

桐島が部活をやめる事には大した意味なんてない。

僕が高校に入るつもりがなかった事を他の誰も知らないのと同じくらいどうでもいい事だ。

どうでもいいから誰にも言っていないし、言う必要さえなかった。

そのせいか僕の高校生活もどこか希薄で、思い出らしい思い出が特にない。

とにかく記憶が乏しくて、桐島が僕に感じさせた希薄さは、そんな僕の投影でしかないのかもしれないけど、僕もその頃は不在の存在だったのだ。

ただ唯一覚えているのは友だちと映画を撮った事。

前田たちはゾンビ映画を撮っていたけど、僕もプライベートでホラー映画を撮った。

部活をやっていない暇な友だちとつるんで、友だちの家から勝手に拝借したビデオカメラを使い、僕が監督とカメラマンをやった。

10分もない短いホラー映画。

ど素人が集まって、金も編集機材もなく中古のカメラだけで撮った作品。

当然出来は酷かったけど、撮影してる時はみんな面白がってくれた。

仲間内だけで上映して、ケラケラ笑い合った。

桐島が学校に来てる!

そう言ってみんなが走っていったラストシーンの屋上にも桐島はいなかった。

でも映画を撮った思い出がある僕は、前田と同化して屋上にいた。

他の同級生にとっては「そういえばいたね、そんなヤツ」くらいの存在かもしれないけど、この映画を観たら、僕は自分で思うほど不在の存在ではなかったと、当時の事を確かに思い出したのだ。







-芸術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゲーム『ANUBIS』アニメの世界を縦横無尽!

STORY 【22世紀。人々は重力から開放された】新たな土地を求め、宇宙へと活動の範囲を広げていく人類。テラフォーミング化された火星は地球各国の植民地となり、その手は更に木星へと伸びていく。新たなる資 …

人類滅亡

もし人類が滅亡したら

もし人類が滅亡したら 僕はたった一人生き残った世界に巨大な『バベルの塔』を建設するつもりでいる。 この計画を立てたことで、僕はこの現実世界で今後いかなる悲惨な出来事が起きても、おそらく絶望しないで済む …

JAGATARA

格好良い音楽を聴き続けていたらたどり着いたバンド。NUMBERGIRLの向井秀徳さんが雑誌のインタビューでこのバンドについて触れていたので、アルバム『南蛮渡来』を買って聴いてみた。ジャンルで言ったらフ …

映画『MOTHER』 母親という絶対的存在

あらすじ 男にだらしなく自堕落な生活を送るシングルマザーの秋子(長澤まさみ)は、息子の周平に異常に執着する。秋子以外に頼れる存在がいない周平は、母親に翻弄(ほんろう)されながらもその要求に応えようとも …

アニメ映画『紅の豚』醜い大人になった呪い

あらすじ 飛行艇を操る空賊が横行していた、第一次大戦後のイタリアはアドリア海。賞金稼ぎの飛行艇乗りであるポルコ・ロッソは、空賊たちには天敵の存在。自分の顔を魔法で豚に変えてしまったポルコを何とかやっつ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク