オカルト・スピリチュアル 哲学・思想

明晰夢でストレス解消

投稿日:2019-08-24 更新日:

たまに明晰夢を見る。

明晰夢を見るきっかけは、大抵夢の中で高い所から落下した時だ。

その落下している浮遊感がなんとなく不自然な気がして、「あ、これは夢だ!」と気づく事が多い。

その後は夢の中を自由に行動出来るようになり、夢の中の場所や人も自分の思い通りに設定する事が出来る。

僕はこの明晰夢状態の時に、現実世界では叶える事が難しい願望を夢の中で実行している。

たとえば自分好みの女性や憧れの芸能人などを呼び出してスケベな妄想を実現したり、前から行きたいと思っていた場所や、空想上の場所を夢の中に再現して探索したりする。

遠くにいて会えない人や、もう死んで会えない人などを呼び出して再会したりもする。

またストレスが溜まっている時などは憂さ晴らしで人を殺してみたりもする。

車に乗っているシチュエーションで道行く人たちをバンバン轢き殺すのが楽しくて、よくやる。

それでも夢だから、目が覚めれば何のお咎めもない。

明晰夢は現実世界と変わらないリアリティがあり、明晰夢で体験した事は起きた後も鮮明に覚えている。

普段抑圧しているものを解放出来るから、明晰夢を見た時の目覚めはすごく良い。

ただ明晰夢は夢と覚醒の境目で微睡んでいるような状態なので、キープするのが難しく、些細なきっかけですぐに目が覚めてしまう。

僕が明晰夢を見る時は朝方が多く、一度起きて二度寝した時や、深酒して眠りについた時などに見たりもする。

明晰夢研究の本などを読むと、明晰夢を見るトレーニングとして、夢日記をつける、ヘミシングの音楽を聴く、現実世界で普段やらない動作を突発的にしてみるなどの方法がよく書いてある。

確実ではないけど、僕もそれらの方法を試しているうちに明晰夢が見れるようになり、回数もだんだん増えて来た。

明晰夢関連の本ではペリー西村氏の『夢研究者と神』という本がとても興味深かった。

『夢研究者と神 概要』

ペリー氏の『夢研究者と神』によると、睡眠時に見る夢で一番重要なのはノンレム睡眠の時に見る夢だという。

通常、夢はレム睡眠時に見るとされていて、ノンレム睡眠時はただ深いリラックス状態に入っているという認識だけど、ノンレム睡眠時にも人は“霊夢”と呼ばれる特殊な夢を見ている事があるらしい。

人はノンレム睡眠時に身体感覚のない深いリラックス状態になり、意識が肉体の重力から解放される。

肉体の重力から解放された意識は反重力によって神や高次元の存在意識(アカシック・レコード)にアクセスしやすくなるのだという。

その時に見るのが“霊夢”で、古代人や霊能者などが神託として受け取る夢も、ノンレム睡眠時に見ている。

たまに夢をほとんど見ないという人がいるけど、それはおそらくノンレム睡眠が十分に取れていて、レム睡眠の夢見状態が短く、記憶に残りづらいからだと思う。

明晰夢を見た後の目覚めの良さを考えると、明晰夢は様々な精神疾患やストレスが原因で起こる病気の治療法として画期的なものになるはずだ。

もし人類が明晰夢を確実に見れるようになったら、個人の人生がより良い方向に動いて、人間も社会もさらに進化すると思う。







-オカルト・スピリチュアル, 哲学・思想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ようこそ、嗤う狐のブログへ

ようこそ、嗤う狐のブログへ このブログは僕の人生経験と思索を通して、この世界と人間の本質について探るブログです。 哲学的な話やスピリチュアル、芸術や映画にまつわる記事などを書いています。 僕は生まれて …

『流浪人剣心最終章The Beginning』誰がために剣を振る

あらすじ ある夜、質の悪い男たちに絡まれた女を助けた後、何者かに襲われた剣心は返り討ちにするが、礼を言おうと追ってきた女に一部始終を見られてしまったため、そばに置くことにする。この女こそ、後に剣心の妻 …

大きな退屈の波がまた来た!

大阪に来て、今年で四年目か? また大きな退屈の波が来た。 それに合わせてタイミングよく派遣の契約が切れ、運良く思わぬ大金も入って来たので、これを機に何か新しい事をやってみる事にした。 前回の大きな退屈 …

アウトサイダー世に憚る

このブログのタイトルにしている「嗤う狐」。 これは僕が小さい頃から付き合っているニヒルでアウトサイダーな意識につけた名前だ。 「嗤う狐」の時の意識は全ての出来事を感情を挟まずに俯瞰する視点を持っている …

小説『芋虫』本当の生き地獄

あらすじ 傷痍軍人の須永中尉を夫に持つ時子には、奇妙な嗜好があった。それは、戦争で両手両足、聴覚、味覚といった五感のほとんどを失い、視覚と触覚のみが無事な夫を虐げて快感を得るというものだった。夫は何を …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク