オカルト・スピリチュアル

不食実践で分かった食べない喜びとメリット

投稿日:2019-08-26 更新日:

世の中には何も食べずに生きている人たちがいる。

不食者とかブレザリアンと呼ばれる人たちだ。

彼らは生きるために必要なエネルギーを食物からではなく、植物が光合成をするように、日光浴をする事で「プラーナ」と呼ばれる太陽エネルギーのようなものを取り込んでいる。

僕もそんな不食の人たちに憧れて、基本的には一日一食の少食を心掛け、たまに断食をしたりもする。

不食を知ったきっかけは、山田鷹夫氏の『人は食べなくても生きられる』という本との出会いだった。

人は何も食べなくても生きられる。

この衝撃的なタイトルに魅かれた。

僕はバイト生活が長いので、不食を知る以前から食費を浮かせるために毎日二食くらいの少食だった。

だから「まったく何も食べない」という、生存活動の根本を揺るがす山田氏の主張には正直度肝を抜かれ、それがもし本当なら人類最強のスキルかもしれないと思い、試したくなったのだ。

僕が出来るかどうかは別として、僕は山田氏が著書で語る不食実験の内容と、そこから導き出した独自の不食理論に納得し、感動した。

クラゲの生態観察結果に見る不食の科学的根拠になりそうな情報も提示されていたので、僕はそれ以後ずっと不食の可能性を信じている。

僕は以前失踪した事があり、その時何日か飲まず食わずで、空腹を越えた飢餓状態を経験した。

それは空腹が耐え難い飢えに変わり、頭が食べ物の事だけしか考えられなくなるとても怖い体験だった。

歩くのが困難になり、声が出なくなるところまで衰弱した。

そして死を実感したところで後悔して、また人生を再スタートした。

そんな体験をしていただけに、不食という行為がどれだけ画期的で尊いものかがよくわかる。

そしてそれは実践した人にしかわからない。

不食の概念を知って、その理論を取り込んでから断食を実践すると、空腹感や飢えに対する恐怖や不安の感情がまったく起こらない。

最初の二日間だけ空腹感による体のふらつきがあったものの、三日目を過ぎたあたりから体のふらつきがなくなり、日を追うごとにだんだん気分が良くなってハイになる不思議な体験をした。

思考がクリアになって、自分にとって本当に必要なものと必要でないものが明確にわかるようにもなった。

あのまま続けていたら、もしかしたら不食まで到達出来たような気もするけど、それまで食習慣のせいなのか、美味しそうな物を見たり匂いを嗅いだりすると食べたくなるので、一週間で普通の食生活に戻した。

僕の理想は食べても食べなくてもいい状態に持っていくこと。

それが実現したら僕は「働かざる者喰うべからず」の社会的束縛から解放されて完全な自由を手にする事が出来る。

食べるために働くのをやめ、自分が心から望む事だけをして生きる。

不食実践に関しては慎重を要するけど、もし不食する事が出来たら災害などの食糧危機でも生き延びる事が出来る。

世界にある前人未踏の場所を冒険することだって出来るかもしれない。

不食にはそんなメリットと常識を超えた可能性がいっぱいある。







-オカルト・スピリチュアル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

予言ちゃん

怪談話みたいな話になるけど、実話だから僕個人的にはかなり後味の悪い体験だった。 東日本大震災をきっかけに、僕はそれまで住んでいた東京を去って、東北の地元に帰省した。 妹夫婦の家に居候して、一年半くらい …

一神教の原理主義が実現する千年王国

宗教絡みの記事になるので、はじめに宗教と原理主義とは何か?について触れておきたい。 一般的に「宗教」の概念は神を信仰する教えやその儀式などを行う集団の事だという認識があると思う。 でも本来「宗教」とは …

アニメ『帝都物語』霊的無防備都市東京

あらすじ 明治40年。帝都・東京を霊的に改造すべく、政治家と陰陽師たちが動き出した。そこへ謎の魔人・加藤が出現し、人々を混乱に陥れる。彼の目的は、丸の内の首塚にまつられた日本最大の怨霊・平将門を呼び覚 …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

子供たちに教えてもらった大事な事

東京の生活をやめて地元に帰り、一年くらい妹夫婦の家に居候していた。 甥っ子が二人いて、2年くらい一緒に過ごした。 その間、僕たち大人が良かれと思って子供たちにあれこれ教育的指導をしていく中で、逆に二人 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク