哲学・思想

法案を考案してみた『未成年のイジメ行為防止法案』

投稿日:2019-09-17 更新日:

小学校の時にイジメを経験したので、イジメを防止するための法案を考えてみた。

【目的】

学校などの集団生活の場で起こるイジメは、被害を受けた未成年の心身に深刻な障害を与え、その苦痛と不快な体験の記憶により、被害者の社会生活に重大な困難を発生させるおそれがあるため、イジメを犯罪行為として位置づけ、未成年にも将来的に法的処罰を下す事によって、イジメを防止するのが目的である。

【イジメを犯罪行為とする基準】

集団、個人による一方的な暴力行為、人権侵害に当たる誹謗中傷行為、金品の要求、性的虐待行為、犯罪行為の強要など

【措置】

学校側は生徒からイジメ被害の訴えがあれば、速やかに事実関係を調査しなければいけない。

被害者、加害者、第三者からの目撃証言を取り、イジメの物的証拠となるものや記録などを収集し、警察へ捜査を依頼する。

警察による捜査でイジメ行為が立証されたら、被害者からの訴えの取り下げや、和解が成立する機会を持ち、訴えの取り下げ、和解が成立しなければ犯罪行為として認められる。

【罰則】

イジメの加害者に対しては、成人後に社会福祉への貢献を目的とした刑罰が与えられる。

極めて悪質な内容のイジメに関しては加害者の保護者にも同様の罰則が与えられる。

またイジメの訴えを学校側が拒否、または隠蔽した事が発覚した場合にも同様の罰則が与えられる。

【罰則事項】

①障碍者支援を目的とした特別税金の納付義務

②生活保護の権利剥奪。

【罰則期間】

加害者が定年退職を迎えるまでの期間に及ぶ。

加害者が求職の期間であっても、必ず納付の義務がある。

以上が『未成年のイジメ行為防止法案』の概要。

また法案を思いついたらブログにアップしようと思う。

関連記事

今、学校でイジメを受けている人たちへ







-哲学・思想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

迷子の大人にならないように

休日にカメラをぶら下げて大阪の街を歩いていたら、天王寺の駅ビルで迷子になっている老人を見かけた。 その老人は郵便局に行きたいらしく、近くにいたデパートの店員に道を尋ねていた。 ただ老人は何度店員の説明 …

自分を肯定するための造語

『里山資本主義——日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷浩介、NHK広島取材班/著)を読んだ時、和田芳治さんという方が、高齢者を“光齢者”( 人生をいっぱい経験して輝ける年齢に達した人)という言葉に変 …

聖なる孤児たち

神の子である自分たち孤児は本気である。 本気でこの世界を救うために、神の計画に沿って自分たちの歴史と人生を全うするつもりでいる。 幼い頃、自分は両親に捨てられた。 ある日、両親にとある教会へ連れていか …

ドラマ『Followers』シンデレラ願望と無理ゲー社会を生きる苦悩

あらすじ インスタにアップされた1枚の写真がきっかけで有名になった女優の卵をはじめ、東京で悩み傷つきながら幸せを追い求める女性たちの人生が意外な形で交錯していく。 監督:蜷川実花 キャスト:中谷美紀、 …

映画『ショーシャンクの空に』心の在り処

あらすじ 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク