哲学・思想 芸術

もし人類が滅亡したら

投稿日:2019-09-19 更新日:

もし人類が滅亡したら

僕はたった一人生き残った世界に巨大な『バベルの塔』を建設するつもりでいる。

この計画を立てたことで、僕はこの現実世界で今後いかなる悲惨な出来事が起きても、おそらく絶望しないで済む。

僕はブリューゲルの『バベルの塔』の絵が好きで、自分でもバベルの塔をモチーフにした作品を創ったりしている。

「土地があったらいつか等身大のバベルの塔を創りたい

現状不可能だけど、そういう夢がある。

僕にとって一番絶望的な出来事って何だろう?と考えた時、それは失業でも失恋でも病気でも親しい人との死別でもなくて、何らかの事態で人類が破滅した後に、たった一人だけポツンと生き残ってしまう事だと思った。

家族、恋人、親友、親族、知り合い、通りすがりの人、疎遠になった人、まだ出会っていないその他大勢、人間以外の動物……。

生命と呼べるものが僕以外に誰もいなくなってしまった世界。

孤独を感じる必要もない完全に孤立した世界で、それでも死ねずに生き続けなければならないとしたら僕は何をやって生きればいいんだろうか?

死ぬまで孤独な人生を謳歌するための暇つぶし。

ふと浮かんできたのは、壊れた文明の瓦礫を集め、一人せっせとそれを積み上げてバベルの塔を建設しているイメージだった。

人類最後の生き残りが創る最後の芸術。

そんなものを創れたら最高だな、と思った。

一生の暇つぶしだから岡本太郎さんの『太陽の塔』よりも大きく、その芸術性も高いものにしなければならない。

完成してもしなくてもいい。

創り続けることだけを生き甲斐とし、作りたい空間やデザインをどんどん拡張していって、僕が人類を代表してそこに残しておきたいと思う人類の遺産を記念として配置する。

アントニオ・ガウディの『サクラダファミリア』とか『シュバルの理想宮』みたいなノリで、壮大なものをたった一人で創るつもりでいる。

誰もいないから土地は腐るほど余っていて、材料はそこら中にある。

金だって一銭もかからない。

この地球を僕が好き勝手使っても誰にも文句を言われない。

賞賛する人も批判する人もいない。

芸術家の僕にとってこれほど自由にモノづくりが出来る環境は他にない。

そう考えると絶望するどころか、早くそうならないかな、とすら思えてくる。

そして最上級の絶望に対処する方法を見つけたわけだから、それ以下の悲劇的な出来事はもう余裕だろう。

だからみんなも自分にとって一番大きいと思われる絶望を想定して、思いつくまでその対処法を考えておくといいかもしれない。







-哲学・思想, 芸術
-,

執筆者:


comment

関連記事

ようこそ、嗤う狐のブログへ

ようこそ、嗤う狐のブログへ このブログは僕の人生経験と思索を通して、この世界と人間の本質について探るブログです。 哲学的な話やスピリチュアル、芸術や映画にまつわる記事などを書いています。 僕はグレーゾ …

無差別殺人のターゲットにならないために

秋葉原の歩行者天国で無差別殺人があった時、テレビのニュースを見た実家の母親が僕に電話をして来て、「お前が犯人だと思った」と冗談半分で言って来た事がある。 失礼だな、と思いつつ、母親の立場を考えてみれば …

実感無き深刻な事態を受けて

今日ネットニュースを見たら、志村けんさんが亡くなっていた。 数日前までは大丈夫そうな印象があったけど、突然逝ってしまった。 その事に驚きはあっても、あまり実感はなく、悲しみもそれほど湧いて来ない。 子 …

公募展の審査を手伝って気付いた事

専門学校の時、講師の先生に公募展の絵を審査するアシスタントのバイトを紹介されて引き受けた事がある。 公募展の審査は県民美術館で行われ、僕たちアシスタントの仕事は応募された作品を審査員の人たちの前に運ん …

今のうちに遺書、死ぬつもりは毛頭ないけども

まったく実感がないまま、コロナでいつ死んでもおかしくない状況に、日本も世界もなっているようだ。 だからまだ死ぬつもりはないけど、もし死んでしまった時のために、このブログに遺書を残しておこうと思って書い …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク