芸術

映画『アキレスと亀』 創る阿呆に観る阿呆

投稿日:2019-11-25 更新日:

あらすじ

絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は、自宅を訪れた画家に自分が描いた絵をほめられて、赤いベレー帽をもらう。真知寿は、その日から画家になることを夢見て毎日のように絵を描くようになる。そんなある日、父親(中尾彬)の会社が突然倒産して両親が立て続けに自殺を図ってしまい、真知寿の人生は暗転する。

監督:北野武

キャスト:ビートたけし,樋口可南子,麻生久美子

最近また絵を描きはじめた。

パソコンのペイントソフトか、タブレットのスケッチソフトを使って毎日2枚ほど描いている。

気に入った作品はpixivfactoryにキャンバス制作してもらい、現物の仕上がりを見てからネットショップで売っている。

仕上がりを確認するための初版は作品を気に入ってくれた人にあげる事にしている。

作品はまだ全然売れないし、正直まったく売れる気がしないけど、それでも創作しているのが楽しいので、創って売り続けようと思っている。

売れても売れなくてもとにかく頭の中が芸術の事でいっぱいだ。

僕もこの映画の主人公である真知須同様、小さい頃に周りの大人たちから絵を褒められてその気になり、ずっと芸術をやっている人間だ。

作品を褒めてもらっただけでなく、楽しそうに描いている態度だったり姿勢も褒めてもらった。

そのおかげで芸術に対する根拠のない自信が芽生え、死ぬまでやめる理由がなくなってしまった。

小さい頃に大人たちに騙されてその気になった人間は真っすぐに捻くれる。

真知須は僕よりひどくて芸術しか出来ず、芸術の事以外は無頓着な人間だ。

奥さんに「帰ろ」と言われるまで、人間性さえも疑われてしまうくらいに芸術にハマってしまった本物の芸術家。

僕は運良くそこまでハマらなかったので、正気を保ったまま器用に世渡りするような芸術家になってしまった。

でもこの映画を観ると、真知須に対して強烈な嫉妬を感じている自分がいる事に気付く。

芸術や芸術家をとことん美化するような物語が多い中で、芸術や芸術家に対する世間の本音とか辛辣な態度を思いっきりぶつけている北野監督の誠実さにも深く共感した。

誰もはっきり言わない芸術のリアル。

芸術は高尚なものだと信じて、唯一無二の個性を発揮しようとする僕たち有象無象の人間たちに突きつけられる残酷物語ではあるけど、“芸術”というわけのわからないものに翻弄される人間たちをユーモアに描いている部分には、芸術や芸術家をなんとか理解しようとする北野監督の愛情や尊敬の念なんかも感じられて、ありがたい気持ちになった。

僕は芸術は創る方も観る方もアホでなければいけないと思っている。

お互いがアホである事を自覚しつつ、高尚なフリをするのが芸術。

そんな思いが芸術に対してある。

だからこの映画は僕みたいな芸術家の良き理解者である。

そう勝手に解釈している芸術映画の名作だ。







-芸術
-

執筆者:


comment

関連記事

小説『ドグラ・マグラ』 男女の絆と遺伝子の悲劇

僕には生まれた時から心臓疾患がある。 兄夫婦の間に生まれた姪っ子にも生まれた時から脳性麻痺の疾患があった。 人が何らかの障害を持って生まれて来る理由として、環境的要因であるとか、確率的な結果であるとか …

映画『ターミネーター・ニューフェイト』起こり得るディストピア

あらすじ ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と弟のミゲルに襲い掛かる。ダニーとミゲル …

映画『火花』 燻る思い出

あらすじ 徳永(菅田将暉)は、お笑いコンビ「スパークス」としてデビューを果たすものの、一向に売れる気配がなかった。ある日、営業に出掛けた熱海の花火大会で4歳年上の神谷(桐谷健太)と知り合う。徳永はお笑 …

映画『セイジ~陸の魚』 超人への発露

あらすじ 投げやりに就職先を決めて、自転車による一人旅に出た大学生(森山未來)。だが、その途中で事故を起こしてしまい、旧道沿いにあるドライブインHOUSE475に立ち寄る。寡黙ながらも真理を突いたこと …

ARTに生みの苦しみはいらない

「必死こいてアピールしなくても良い物を創れば必然的に残るはず」 そう思って、以前仙台の海岸で専門学校の友達と立体のARTを創った事があった。 誰が創ったのかわからないARTのような造形物がもし海岸にポ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク