哲学・思想

今のうちに遺書、死ぬつもりは毛頭ないけども

投稿日:2020-04-01 更新日:

まったく実感がないまま、コロナでいつ死んでもおかしくない状況に、日本も世界もなっているようだ。

だからまだ死ぬつもりはないけど、もし死んでしまった時のために、このブログに遺書を残しておこうと思って書いてみた。

このブログに遺書を残しても、レンタルサーバーの支払いが滞れば、その時点でこのブログは見れなくなる。

何か生きた証を残したい

以前はよくそんな事を思っていたけど、最近はまったく思わなくなった。

むしろ何の痕跡も残さずに跡形もなく消え去る方がいいとさえ思う。

だからこのブログも別に残らなくていい。

兄妹がいて、甥っ子と姪っ子がいるので、僕が子孫を残す必要も特にない。

なぜそう思うようになったのかはわからない。

是が非でも何かを残して死にたいみたいな、自分自身のエゴイスティックな部分に飽きたのかもしれない。

これまでの人生で感謝しなければならないのは、家族と友人、あとは好きになった人たちとこの変なブログを読んでくれた人たち。

それくらいだ。

ありがとう。

その説は大変ご迷惑をおかけしました。

すいません。

でも楽しかったです。

ありがとう。

僕が死んだら葬式はあげなくて結構です。

ただ死体を焼いて、灰はどこか適当に捨ててくれればいいです。

墓参りも結構です。

お彼岸もお盆も命日にも、特に何もしなくて結構です。

僕は生前、そういった類の慣習が嫌いでした。

正直面倒臭いなと思っていました。

もう会えない人のために喪服を着て、わざわざ仏壇の前に座る意味がわかりませんでした。

墓石の前に座って拝む意味もわかりませんでした。

そんな事しなくても、どのみち悲しいし、いつでもふと思い出すのだから別にいいだろう、と思っていました。

だから僕のはやらなくていいです。

そんな事より自分の時間とお金を大事にして、他の用事を優先してください。

この世界は生きている人ファーストでいいと思います。

もし死後の世界があって、守護霊になれるなら頑張ってなります。

そしてずっと見守ります。

僕の子孫がどんなに我がままで愚かでも祟りません。

僕も生前愚かでしたから、ただ見守ります。

思い残す事はたぶんないと思います。

事態が収束して生き残ったらまた会いましょう。

以上です。

今まで本当にありがとう。

2020年、4月1日 祐喜代







-哲学・思想
-

執筆者:

関連記事

映画『万引き家族』社会に背を向けて生きる人たちの絆

あらすじ 治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、 …

世界最強ヒモ伝説『ゴータマ君』

オレの名前はゴータマ。後に仏教を作って世界中で「釈迦」とか「仏陀」とか呼ばれている偉い人。「空」っていう概念を思いついて悟りを拓いたら、世の中の出来事とか自分の人生に執着がなくなって、「生きる」ってい …

公募展の審査を手伝って気付いた事

専門学校の時、講師の先生に公募展の絵を審査するアシスタントのバイトを紹介されて引き受けた事がある。 公募展の審査は県民美術館で行われ、僕たちアシスタントの仕事は応募された作品を審査員の人たちの前に運ん …

映画『ショーシャンクの空に』心の在り処

あらすじ 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた …

日常空間で死ぬようなものはARTではない

僕はARTに関してあまり教養がない。 僕は創作する喜びを得たくてARTをやっているだけなので、自分の作品にも他人の作品にもあまり興味がない。 たまに美術館や個展を観に行ったりするけど、わけのわからない …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク