芸術

友川カズキ『一人盆踊り』 結局得体の知れない人

投稿日:2020-04-11 更新日:

友川さんの随筆と詩を載せた文庫本。

友川さんは「まつろわぬ人」とか「どこにだしても恥ずかしい人」とか、いろいろ形容される人だけど、この本を読んで改めて思ったのはやっぱり「得体の知れない人」だ。

歌も絵も全部絶叫しているようだ。

私が私に殺される。

このタイトルの一遍にある怪談話めいたエピソードに、僕は友川さんの感性の到達点さえ見た気がする。

友川さんは秋田出身の人で、僕は秋田と山形の県境にある田舎で生まれたから、年は違えどほぼ同郷の人である。

だから友川さんが綴る詩や歌う時の方言は全然苦にならないし、ムラ社会の観念的なものに囚われて居た堪れなくなる感情とか、日雇い労働で自分自身の命をあまりにもちっぽけなもののように感じてしまう恨み辛みなんかも分かる。

友川さんの歌にも絵にも魂を感じる。

ただそこに自分の腸全部人様に見せてしまわないと気が済まないような素直さがあると思えば、「いやそれだって金のためだ」と居直る態度なんかもある気がして捉えどころがない。

酒飲んで博打ばっかりやってる事を恥じつつも、「俺には歌と絵があるし、とにがぐ真面目腐ってただ働ぐような人間にはならねど」と突っぱねる態度もある気がして、素直で自由にありたいと願う僕にはとても親近感の湧く人であると同時に、自分とはまるで違う生き方をしている近寄りがたい人でもある。

「友川さんはオレど会ったら、オレのごど飲みに連れでいってけっぺが?」

そんな事を思いながらずっと読んでた。

ダメな大人の典型みたいなふりをして、自由奔放に生き切る立派な大人。

友川さんはそう思わせてくれる人だ。

やりたいを事して、言いたい事を言ってたら、結局誰にも捉えきれない「得体の知れない人」になるのかもしれない。

もし友川さんと飲めたら、僕は飲めない日本酒も無理して飲もうと思う。

中上健次と遭った時の友川さんみたいに恐る恐る大胆にその場にいれたらいいなぁと思う。







-芸術

執筆者:

関連記事

日本沈没

映画『日本沈没(2006)』 政府の本音

あらすじ 大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘され、それを証明するかのようなマグニチュード8以上の大地震が次々と発生する。そんな中、大地震の被害にあった潜水艇のパイロット …

アニメ『もののけ姫』母性に見放された世界

あらすじ 山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前 …

ARTに生みの苦しみはいらない

「必死こいてアピールしなくても良い物を創れば必然的に残るはず」 そう思って、以前仙台の海岸で専門学校の友達と立体のARTを創った事があった。 誰が創ったのかわからないARTのような造形物がもし海岸にポ …

マンガ『銀河鉄道999』 機械化や生物どもが夢の跡

『やりすぎ都市伝説2019』の放送の中で、トランスヒューマニズムの第一人者ニック・ボストロムが、脳波でロボットを遠隔操作する方法について解説している場面があった。 脳細胞を機械と繋ぐチップを作り、周り …

映画『ターミネーター・ニューフェイト』起こり得るディストピア

あらすじ ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と弟のミゲルに襲い掛かる。ダニーとミゲル …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク