哲学・思想

もし法で守ってもらえなかったら

投稿日:2020-05-27 更新日:

プロレスラーの木村花さんが、ネットで匿名の人たちから誹謗中傷を受けて自殺した。

僕はただそういうニュースを目にしただけで詳しい事情はわからない。

でもこの事件をきっかけに怒りを感じた人たちから、匿名での誹謗中傷を厳罰化して欲しいという声が上がった。

そしてすぐに法規制の動きがあった。

この迅速な対応には事前に準備していたような違和感を覚えるけど、人が死んだのだから仕方がない。

悲劇を利用してまたやられてしまった。

過去に誹謗中傷を受けて傷付いた人たちから、どこか喜々とした様子で反撃の狼煙が上がろうとしている事態なんかも目について、また世の中に白けた。

誹謗中傷と批判の線引きはどうするの?

いや、そんな事が問題だろうか?

法で守ってもらえる事が解決だろうか?

誰かが自分の人権を無視して侵害した時、法が守ってくれる。

そこに本当の安心感はあるのか?

どんどん疑問が湧いてくる。

法が守ってくれなくても、守ってくれる人がいる。

そういう存在がいなかったら、僕は法に守られても安心感など得られないと思う。

ただ愛されたかった人生でした

木村花さんの遺書にあったこの言葉を見た時、僕は彼女の苦悩は誹謗中傷を受ける前から始まっていたように感じた。

生んでくれてありがとう

感謝の言葉も残しているから、彼女の両親は彼女を愛したとは思うけど、彼女自身がそれをきちんと実感していたかどうか、本当のところは何も分からない。

想像するしかない。

実感していれば彼女は誹謗中傷に勝てたのではないかとも思う。

弱音を吐いても戻れる場所。

愛してくれる人がいる場所。

それが彼女には必要だった気がする。

側で守ってくれる人の存在があれば、見ず知らずの誹謗中傷など気にせず、自己肯定出来たはず。

問題の根本を解決する事なしに、この国はもう法に頼ってしまうのか?

法でしか人権は守れないのか?

僕は法でしか人権を守れないのであれば、僕たちの人間性はまだまだ未熟で伸びしろがあると思う。

道徳に限界はない。

本質が何か伝わるまで説き続ければいいのだと思う。

それよりも子供を愛せない、親を愛せない、他人を思いやれない、そういう人間の混乱した状態をどうやって救っていくか?

そこに焦点があたるような世論になって欲しかった。

法による言葉狩りで解決しようとする世論は、人間の自由意志と成長を奪う由々しき事態なのではないか?と危惧した。

この法的効果によって、人は他人の腹の底を気にしつつ、意志もなく、物も言わず、果ては聾か唖だ。

この言葉も誹謗中傷として受け取られるのであれば、僕はその罪を甘んじて受け入れて裁かれようと思う。

言葉狩りがまかり通った社会で、僕が自分の主張をするためには、傷つける事も傷つく事も罪として感じなければいけない。

僕はこれ以上監視や管理が徹底した社会の到来を望んでいない。

権力者たちが軽くフックを投げるだけで、国民はお互いを分断し、裁き、住み分ける事を望むようになる。

望んだ以上はもう自己責任だ。

新しい社会がディストピアでももう文句は言えない。

でもそれで最大多数の人たちが幸せなら僕はそれでいいとも思う。

家族や友人みんながそういう社会を望むなら、無理に抗ったり突っ張ったりするのはやめようと思う。

ただそれまでは個人の自由意志を尊重する。

僕の人権を守ってくれるのは法ではなく、これまで築いた来た他者との関係性だから







-哲学・思想
-,

執筆者:

関連記事

法案

法案を考案してみた【安楽死自由化法案】

僕のTwitterのタイムラインに安楽死を望むツィートがたまに流れて来る。 自分の置かれている現状が苦しい 今後の将来が不安で何の希望も見出せない 楽なうちに死にたい 楽に死なせてほしい 日本も安楽死 …

映画『地獄の黙示録』 戦争という体験によって明るみになるもの

あらすじ ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。道中、様々なベトナム戦争の惨状を目の当たりにしながら、ウィラードは4人の部下と共に哨戒艇で川を上っていく……。 …

直感を無視しなければ人に騙されない

僕は人によく騙される。 宗教の勧誘、各種詐欺商法、繁華街でぼったくる飲み屋のキャッチなど 普段1人で行動する事が多いからか、なにかとターゲットにされやすい。 だから僕は基本的に人を信用しない。 そのか …

自然の法則は資本主義を淘汰する

僕にとって資本主義とは人間一人一人の欲が集まった怪物のようなものだ。 お金を産み出す資本(土地・施設・設備)を持った資本家たちが怪物の頭部。 その資本家たちが作った製品やサービスを売る商業資本(小売業 …

神様が要る理由

神様が本当にいるのか、いないのか? 正直わからない。 でもこの世に神様は必要だ。 その理由は、人は無条件に愛されないと、自分の存在もこの世界もありのままに受容する事が出来なくなるからだ。無条件で愛され …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク