哲学・思想

大きな退屈の波がまた来た!

投稿日:2020-06-23 更新日:

大阪に来て、今年で四年目か?

また大きな退屈の波が来た。

それに合わせてタイミングよく派遣の契約が切れ、運良く思わぬ大金も入って来たので、これを機に何か新しい事をやってみる事にした。

前回の大きな退屈の時は、冬に千葉から自転車で紀伊半島まで旅するというチャンレンジをした。

白浜あたりの海から初日の出を眺めて、残り10万くらいの所持金で大阪に辿り着いた。

早急に住むところと仕事を見つけて、枚方市にずっと住んでいる。

それからは特に代わり映えのない生活を3年くらい続けたせいか、また大きな退屈の波が来た。

孤独はわりと平気なんだけど、この退屈の病だけは深刻で、罹ると家に居てもずっと体がウズウズする。

僕は「人生は暇潰しだ」と思っていて、いかにこの暇を有意義に過ごすかで結構悩む。

仕事以外は常に暇なのであれこれ思いついた事、気の向いた事をやって毎日を過ごす。

好奇心は旺盛な方だけど、熱しやすくて冷めやすいから、同じ事をずっとコツコツやり続けるのも苦手だ。

坂口恭平さんの『まとまらない人』を読むと、納得の行く事が多い。

まぁそれでもなんとか退屈をやり過ごすんだけど、今回のような大きな退屈になると、ライフスタイルを一新してしまうような事をしないと気が済まなくなる。

住む場所を変えたり、仕事を変えたり、それに合わせて人間関係も変わったりする。

住む場所と仕事が変われば人間関係も必然的に変わるので、当たり前なんだけど、どこか行きたいところがあるわけではないので、今回は住む場所は変えない。

とりあえず仕事が今月で終わるので、前から興味があったカウンセラーのスクールを思い切って受講してみる事にした。

人助けの使命感があるとか、資格を取って将来に役立てるみたいな目算でもない。

大きな退屈しのぎの思いつき。

プロに学ぶワクワク感とまだ見たことのない人の心の闇に触れてしまうかもしれないドキドキ感。

それだけが今ある感じ。

そこで得たスキルで今後どうなるかを楽しみにする感じ。

資格が取れたら、これまでやって来た創作活動も続けながら、ZOOMを使って無料カウンセリングをしてみようかな、と思っている。

とにかく今後どうなるかわからないけど、大きな退屈の波がまた来た。







-哲学・思想
-,

執筆者:

関連記事

大の大人がオイオイ泣いた

あれはいつだったろうか? 僕の父親の友人が、僕の祖母の膝にもたれて、オイオイと泣いていた事があった。 地元の町役場に勤めている立派な大人。 スーツを着て、きちんとネクタイを締めて、自分の家族はもちろん …

洗脳はごく身近で起きている

誰かに何か相談事をした時に、相手の表情が少しでも嬉しそうな顔をしていたら、すぐに相談を打ち切った方がいい。相手は親身になるふりをして、内心喜んでいる。「お前のためだ」とか言ってアドバイスしてくると思う …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

映画『愛しのアイリーン』愛はお金で買えるのか?

あらすじ 岩男(安田顕)がアイリーン(ナッツ・シトイ)を連れて久しぶりに故郷の村に帰省すると、死んだことを知らずにいた父親の葬儀が執り行われていた。42歳になるまで恋愛とは無縁だった彼がフィリピンから …

大阪クリニック放火殺人の報道を受けて想った事

大阪梅田の心療内科クリニックで放火殺人が起こった。 またしても愛着障害を抱えた人が無敵の人になってしまった。 そんな感じの事件だと思う。 今回の事件で気になる点は、犯行現場が犯人の谷本さん自身が通院し …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク