エッセイ

タラレバ心配性

投稿日:2020-07-29 更新日:

例えば、今悩んでいる自分を安心させるために、未来から来た自分がこれから起こる事をあれこれ教えてくれたとする。

現在のボク 「嗚呼、オレの将来どうなるんだろ?」

未来のボク 「安心しろ。今おまえは将来について悩んでいるようだけど、10年後はかなり幸せになってるよ」

現在のボク 「え、マジで?どんな感じ?」

未来のボク 「とりあえず自分のやりたい事で今より金持ちになってる」

現在のボク 「うぉっ、マジか!」

未来のボク 「そう。それで可愛い奥さんと子供もいる」

現在のボク 「うぉっ、やった!」

未来のボク 「もちろん大変な事もいろいろあるけど、この未来は絶対だ。保障する」

現在のボク 「良かった。ありがとう。悩みが消えた」

未来のボク 「うん、楽しみにしておいてよ。じゃあね」

そう言って未来の自分が未来に帰ろうとするんだけど、その未来の自分にはなぜか両手がない。

現在のボク 「あ、ちょっと待って、……それメチャメチャ気になるんだけど」

未来のボク 「手の事?」

現在のボク 「そう」

未来のボク 「だよね。でもこれはかなり言いづらい」

現在のボク 「なんで?」

未来のボク 「だって、メチャメチャしんどかったから!」

現在のボク 「いつ?どこで?」

未来のボク 「今から10日後。場所は……」

現在のボク 「やっぱりいい。聞きたくない」

未来のボク 「でもこの事件をきっかけに、おまえは自分のやりたい事で食えるようになって、奥さんとの運命的な出会いがあるんだよ」

現在のボク 「そうなの?」

未来のボク 「そう。まぁおまえの不注意が原因だから回避は出来るけど、回避したらその先はどうなるかわかんない」

現在のボク 「……そうなんだ」

10年後の明るい未来の手前にある、10日後の悲劇。

僕はそれを天秤にかけて、将来についてまた悩む。

家に1人でいる時、そんな事をついウダウダと考え、被害妄想まではいかない心配性を発揮して、身震いしたりする。

この心配性がなかったら、どんな人生になっていたんだろう?

それを考えるのも少し怖かったりするのだ。







-エッセイ

執筆者:

関連記事

花火メンヘラ

独り暮らしが長いと、夏はただ暑いだけで、何事も億劫で雑になる。 夏の風物詩である祭りや花火大会はどこの地域でも毎年行われるけど、家族や恋人がいない独り身の僕は、近所の花火大会でも自宅謹慎を余儀なくされ …

女子ふんじゃった

高校三年の時、何の前触れも無しにクラスの女子が実家に遊びに来た。 学校でたまに話す程度の仲ではあったけど、家に遊びに来る程の仲ではないし、非モテ男子だったからかなり焦った。 その時実家には母親と婆ちゃ …

苺ちゃん

「ワタシ、変ですか?」 僕が10年近く住んだ古巣の仙台を離れて上京したのは、その言葉が口癖になってしまっている女の子との出会いがきっかけだった。 彼女とは当時やっていたブログを通じて知り合った。 僕が …

新宿の夜の屁にこかされた

僕は確信犯的に屁をこく人が嫌いだ。 正確に言うと嫌いだった。 トイレでたまに見かける「あっ」と吐息を漏らしてから、「ブッ」と屁をこくタイプの人。 「ブッ」と屁をこいてから「あっ」と吐息を漏らすのであれ …

夜明けに米米WAR

他人の意外な一面を突発的に知る時がある。 それは冬の北海道で、僕は派遣の仕事で士別にある製糖工場で働いていた。 名寄市にある一軒家を他の派遣社員の人とシェアして、士別の製糖工場までは、派遣会社の専属ド …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク