エッセイ

タラレバ心配性

投稿日:2020-07-29 更新日:

例えば、今悩んでいる自分を安心させるために、未来から来た自分がこれから起こる事をあれこれ教えてくれたとする。

現在のボク 「嗚呼、オレの将来どうなるんだろ?」

未来のボク 「安心しろ。今おまえは将来について悩んでいるようだけど、10年後はかなり幸せになってるよ」

現在のボク 「え、マジで?どんな感じ?」

未来のボク 「とりあえず自分のやりたい事で今より金持ちになってる」

現在のボク 「うぉっ、マジか!」

未来のボク 「そう。それで可愛い奥さんと子供もいる」

現在のボク 「うぉっ、やった!」

未来のボク 「もちろん大変な事もいろいろあるけど、この未来は絶対だ。保障する」

現在のボク 「良かった。ありがとう。悩みが消えた」

未来のボク 「うん、楽しみにしておいてよ。じゃあね」

そう言って未来の自分が未来に帰ろうとするんだけど、その未来の自分にはなぜか両手がない。

現在のボク 「あ、ちょっと待って、……それメチャメチャ気になるんだけど」

未来のボク 「手の事?」

現在のボク 「そう」

未来のボク 「だよね。でもこれはかなり言いづらい」

現在のボク 「なんで?」

未来のボク 「だって、メチャメチャしんどかったから!」

現在のボク 「いつ?どこで?」

未来のボク 「今から10日後。場所は……」

現在のボク 「やっぱりいい。聞きたくない」

未来のボク 「でもこの事件をきっかけに、おまえは自分のやりたい事で食えるようになって、奥さんとの運命的な出会いがあるんだよ」

現在のボク 「そうなの?」

未来のボク 「そう。まぁおまえの不注意が原因だから回避は出来るけど、回避したらその先はどうなるかわかんない」

現在のボク 「……そうなんだ」

10年後の明るい未来の手前にある、10日後の悲劇。

僕はそれを天秤にかけて、将来についてまた悩む。

家に1人でいる時、そんな事をついウダウダと考え、被害妄想まではいかない心配性を発揮して、身震いしたりする。

この心配性がなかったら、どんな人生になっていたんだろう?

それを考えるのも少し怖かったりするのだ。







-エッセイ
-

執筆者:

関連記事

横で塩カルビは、さすがに気まずくないですか?

吉祥寺に住んでいた時、僕は井の頭公園が好き過ぎて、休みの日はいつも公園にいた。 池があるエリアを少し上ると、木陰の中にベンチがたくさんある広場があって、僕はそこでよく本を読んでいた。 二人掛けのベンチ …

苺ちゃん

「ワタシ、変ですか?」 僕が10年近く住んだ古巣の仙台を離れて上京したのは、その言葉が口癖になってしまっている女の子との出会いがきっかけだった。 彼女とは当時やっていたブログを通じて知り合った。 僕が …

『オカルト原風景』人形が取り残された家

実家の二階にある床の間に、陶器で出来た老夫婦の人形と古いフランス人形があった。 どちらも母親が嫁いで来た時に、母方の実家から持ち込まれた人形らしい。 老夫婦の人形の方は、母方の祖父母に顔がそっくりだっ …

エイズちゃん

最近「エイズ」をすっかり聞かなくなった。不純性異性交遊は相変わらず盛んな方だと思うけど、僕が知らない間にエイズは治る病になって、患者が減ったんだろうか?僕が20代の頃、「エイズ」はまだ不治の病で怖いイ …

汚れた金賞

才能を育てるのは難しいのに、才能は一瞬で潰れたりする。 僕は絵を描くのが好きだけど、問題が山積みのような煩雑な日常の中では、それを継続する事が出来なかったりする。 でも何かをきっかけにまた描きたくなっ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク