エッセイ

ピストルの背中

投稿日:2020-08-06 更新日:

その四角い囲みからは今にも希望が溢れんばかり。

ああ卒業アルバムの中の自分の個人写真から思わず目を逸らしてしまいます。

野狐禅の『ぐるぐる』。

ネットで配信されていた青春ドラマから流れたこの曲を初めて聴いてから、僕は竹原ピストルの大ファンになった。

エモーショナル。

この言葉だけで彼の曲を評するのは野暮ったいと思うけど、すごくエモーショナルな歌ばかりだと思った。

でも友川カズキ同様、世間的に日の目を浴びているような様子はなく、その才能に見合わない鳴かず飛ばずの状態が続いているようだった。

そんなある日、吉祥寺のサンロード商店街を一人で歩いていたら、見覚えのあるデカい図体がギターを抱えて前から歩いて来た。

頭に白いタオルを巻いて、無地の白いTシャツを着て、ジーンズに雪駄。

一目でそれと分かるいで立ち。

竹原ピストルだった。

おおっ!竹原ピストルだっ!」と、僕は当然興奮したんだけど、周囲の人たちは皆彼を知らないのか、夜の商店街で流しをしている兄ちゃんくらいの感じで、さほど驚きもせずに視界の端に流していく。

それでも何人かは気付いて振り返ったりしていたが、本人は有名とも無名とも言えないような自分の境遇に困惑しているような顔をして、のしりのしりと歩いていた。

その哀愁が漂いまくった背中。

僕はその背中を見て、「彼の歌は本当に凄いんだぞ!」と商店街中に叫びたくなった。

僕の卒業アルバムは目を逸らすどころか、実家を離れる時の荷物整理のついでに、何の躊躇もなく捨てた。

希望に溢れるわけでもなく、ただの照れ隠しで口に薔薇の花なんかを咥えてニヤけている自分の個人写真なんか二度と見たくなかった。

ガムテープで顔面をぐるぐるにした写真でも撮ればよかったと思うくらい、卒業アルバムを見るのが恥ずかしかった。

彼の歌のとおり、思い出したところで何のメリットもない。

僕はその場に立ち止まり、竹原ピストルの背中をずっと目で追った。

売れて日本中の人に竹原ピストルの歌を聴いて欲しいと思った。

ただその姿はあまりにも商店街が様になり過ぎていたから、彼の歌のとおり、焼酎の空き瓶踏んづけて仰向けにどさりとぶっ倒れそうな気もした。

たとえ売れなくてもこの人は路上や小さなライヴハウスで一生歌い続ける。

それだけは確信できる背中だった。







-エッセイ

執筆者:

関連記事

ひょっとして前日にSEXしてるんちゃいますか?

僕は東北出身だけど、大阪に住んで3年くらい経つから関西弁でエッセイ?みたいなもんも書いてみようかと思う。 僕は休みの日になると、朝マクドに行って本を読む。 チキンクリスプマフィンのコンビを頼んで2時間 …

横で塩カルビは、さすがに気まずくないですか?

吉祥寺に住んでいた時、僕は井の頭公園が好き過ぎて、休みの日はいつも公園にいた。 池があるエリアを少し上ると、木陰の中にベンチがたくさんある広場があって、僕はそこでよく本を読んでいた。 二人掛けのベンチ …

夜明けに米米WAR

他人の意外な一面を突発的に知る時がある。 それは冬の北海道で、僕は派遣の仕事で士別にある製糖工場で働いていた。 名寄市にある一軒家を他の派遣社員の人とシェアして、士別の製糖工場までは、派遣会社の専属ド …

女子ふんじゃった

高校三年の時、何の前触れも無しにクラスの女子が実家に遊びに来た。 学校でたまに話す程度の仲ではあったけど、家に遊びに来る程の仲ではないし、非モテ男子だったからかなり焦った。 その時実家には母親と婆ちゃ …

新宿の夜の屁にこかされた

僕は確信犯的に屁をこく人が嫌いだ。 正確に言うと嫌いだった。 トイレでたまに見かける「あっ」と吐息を漏らしてから、「ブッ」と屁をこくタイプの人。 「ブッ」と屁をこいてから「あっ」と吐息を漏らすのであれ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク