哲学・思想

ピストルの背中

投稿日:2020-08-06 更新日:

その四角い囲みからは今にも希望が溢れんばかり。

ああ卒業アルバムの中の自分の個人写真から思わず目を逸らしてしまいます。

野狐禅の『ぐるぐる』。

ネットで配信されていた青春ドラマから流れたこの曲を初めて聴いてから、僕は竹原ピストルの大ファンになった。

エモーショナル。

この言葉だけで彼の曲を評するのは野暮ったいと思うけど、すごくエモーショナルな歌ばかりだと思った。

でも友川カズキ同様、世間的に日の目を浴びているような様子はなく、その才能に見合わない鳴かず飛ばずの状態が続いているようだった。

そんなある日、吉祥寺のサンロード商店街を一人で歩いていたら、見覚えのあるデカい図体がギターを抱えて前から歩いて来た。

頭に白いタオルを巻いて、無地の白いTシャツを着て、ジーンズに雪駄。

一目でそれと分かるいで立ち。

竹原ピストルだった。

おおっ!竹原ピストルだっ!」と、僕は当然興奮したんだけど、周囲の人たちは皆彼を知らないのか、夜の商店街で流しをしている兄ちゃんくらいの感じで、さほど驚きもせずに視界の端に流していく。

それでも何人かは気付いて振り返ったりしていたが、本人は有名とも無名とも言えないような自分の境遇に困惑しているような顔をして、のしりのしりと歩いていた。

その哀愁が漂いまくった背中。

僕はその背中を見て、「彼の歌は本当に凄いんだぞ!」と商店街中に叫びたくなった。

僕の卒業アルバムは目を逸らすどころか、実家を離れる時の荷物整理のついでに、何の躊躇もなく捨てた。

希望に溢れるわけでもなく、ただの照れ隠しで口に薔薇の花なんかを咥えてニヤけている自分の個人写真なんか二度と見たくなかった。

ガムテープで顔面をぐるぐるにした写真でも撮ればよかったと思うくらい、卒業アルバムを見るのが恥ずかしかった。

彼の歌のとおり、思い出したところで何のメリットもない。

僕はその場に立ち止まり、竹原ピストルの背中をずっと目で追った。

売れて日本中の人に竹原ピストルの歌を聴いて欲しいと思った。

ただその姿はあまりにも商店街が様になり過ぎていたから、彼の歌のとおり、焼酎の空き瓶踏んづけて仰向けにどさりとぶっ倒れそうな気もした。

たとえ売れなくてもこの人は路上や小さなライヴハウスで一生歌い続ける。

それだけは確信できる背中だった。







-哲学・思想
-

執筆者:

関連記事

“場”の空気の正体

酒が好きなので、たまに飲みに行く。 よく行くお店には親しい人たちがいるから、だいたいいつも楽しく飲めるけど、世の中には人の気持ちとか、場の空気とか、そういう“見えないもの”を可視化する事が出来ない人が …

法

もし法で守ってもらえなかったら

プロレスラーの木村花さんが、ネットで匿名の人たちから誹謗中傷を受けて自殺した。 僕はただそういうニュースを目にしただけで詳しい事情はわからない。 でもこの事件をきっかけに怒りを感じた人たちから、匿名で …

宮崎勤『夢の中~連続幼女殺害事件被告の告白』世間に理解されない罪

宮崎勤自身の口から彼が起こした事件の事、そしてこの世界、この社会について思う事、感じている事を話して欲しかった。 世間は彼をオタク、ロリコン、精神異常者として理解し、納得する事でしかこの事件を捉える事 …

大きな退屈の波がまた来た!

大阪に来て、今年で四年目か? また大きな退屈の波が来た。 それに合わせてタイミングよく派遣の契約が切れ、運良く思わぬ大金も入って来たので、これを機に何か新しい事をやってみる事にした。 前回の大きな退屈 …

映画『地獄の黙示録』 戦争という体験によって明るみになるもの

あらすじ ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。道中、様々なベトナム戦争の惨状を目の当たりにしながら、ウィラードは4人の部下と共に哨戒艇で川を上っていく……。 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク