オカルト・スピリチュアル

乙女の祈り

投稿日:2020-08-19 更新日:

乙女の祈り。

宮城県の松島にそう呼ばれる場所がある。

有名な心霊スポットで20代の時に一度行った事がある。

そこは近くにキャンプ場がある断崖の松林で、一本の松の木に、この断崖から飛び降り自殺した女子校生の遺書が彫ってある。

コノ時ヲモッテ乙ノ限界ヲ知ッタ

大自然二生キルイギヲ失ウ

乙ハ死ヲ持ッテ

コレヲ征服セネバナラナイ

昭和四六 二 一男

こんな内容の遺書で、解読すると呪われるという噂がある。

友達がその木を写真に撮って現像したら、その木の写真だけ真っ白で何も写っていなかったらしい。

失恋を苦に、交際していた男性に向けて彫った遺書だとか、レイプされた事を誰にも信用してもらえず、それを証明するために彫った遺書だとか、説がいろいろあって真相は定かではない。

ただ実際にこの場所を訪れてこの句を読んでみると、ここで死んだのは女性じゃなくて男性じゃないのかな?と感じた。

遺書の文面が硬く、女性っぽくないし、最後の「一男」という名前に関しても、交際相手というよりかは、本人のものだと考えた方がしっくり来る。

昭和46年。

僕が生まれる7年前。

遺書にあるこの年ってどんな年だったんだろう?

気になったので調べてみると、アポロ14号が月に着陸している。

NHK総合テレビが全番組カラーになり、民放では『仮面ライダー』の放映もはじまった。

この年の邦画ランキング一位は『男はつらいよ 寅次郎恋歌』で、洋画の一位は『ある愛の詩』。

環境のまったく異なった世界に育った男と女の愛の物語。

なんとなく、遺書から感じ取れる傷心に近いような内容の映画だと思った。

昭和46年はそういう恋愛が流行った時代だったんだろうか?

そういう時代の恋愛に限界を感じた男の人の遺書なのだろうか?

その日は友達と友達の彼女と三人で行ったんだけど、満月がとても綺麗な夜で、「死ぬならこういう夜かもね」と、三人でしんみり話した思い出がある。

懐中電灯は必要なく、月の明りだけで松島の絶景がよく見えた。

松の木で首を吊ったという人もいるけど、海面に映っている満月に吸い込まれて飛び込んだのかもしれない。

噂ほど怖い印象の場所ではなく、僕にはただそういう吸引力がある綺麗で寂しい場所だった。

三人でタバコを木にお供えして、手を合わせて帰った。

もうその松の木は伐採されて、今はもうないようだ。







-オカルト・スピリチュアル

執筆者:

関連記事

小説『ドグラ・マグラ』 男女の絆と遺伝子の悲劇

僕には生まれた時から心臓疾患がある。 兄夫婦の間に生まれた姪っ子にも生まれた時から脳性麻痺の疾患があった。 人が何らかの障害を持って生まれて来る理由として、環境的要因であるとか、確率的な結果であるとか …

ポックリ死んでこそ大往生

僕は人の死に関わるたびに「自分は天寿を全うしたい!」という思いが強く湧く。 人には自分の本分(好きな事、得意な事)に従った生き方というものが必ずあるはずで、それを人生の終わりまで貫徹する事が出来ればポ …

映画『セイジ~陸の魚』 超人への発露

あらすじ 投げやりに就職先を決めて、自転車による一人旅に出た大学生(森山未來)。だが、その途中で事故を起こしてしまい、旧道沿いにあるドライブインHOUSE475に立ち寄る。寡黙ながらも真理を突いたこと …

シャーマニズムとメンヘラ

シャーマニズムとメンヘラ女子

僕がこれまで出会って来たメンヘラ女子たちは、なぜか霊感(第六感的なもの)がある人が多かった。 亡くなった僕の祖母もメンヘラっぽい性格の人で、何度か霊体験のようなものをした事があると言っていた。 メンヘ …

一神教の原理主義が実現する千年王国

宗教絡みの記事になるので、はじめに宗教と原理主義とは何か?について触れておきたい。 一般的に「宗教」の概念は神を信仰する教えやその儀式などを行う集団の事だという認識があると思う。 でも本来「宗教」とは …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク