哲学・思想

時が止まってしまった少女

投稿日:2020-08-21 更新日:

愛着障害に関する本を読んでいて、ちょっと気になる出来事が最近あった。

たまに飲みに行くBARで、店の女の子に関する共通の愚痴や不満を、他の店員さんやお客さんから聞く機会が増えたのだ。

僕もその子がいる日に一度店で一緒に飲んだ事がある。

その時の印象はそんなに悪くなかったけど、多少幼稚なところがあって、接客も他の子たちと比べると拙い感じはした。

彼女に関する愚痴や不満の内容には、甘え癖や怠慢な勤務態度などがあり、イベント場に場違いな服装で来たり、虚言癖があるなどの指摘もあった。

叱ってもあまり改善効果はないようで、直接彼女に関わった店員さんやお客さんはみんな呆れている感じだった。

本人はおそらく自分の接客態度に問題があるとはあまり思っていないだろう。

ただ他の人たちの迷惑になっている自覚はあるようだから、どうしていいのかわからない。

そんなジレンマを抱えて孤立しているように見える。

彼女と初めて会って話した時、何気なく料理の話題になり、そこから派生して「小さい頃あまり家に両親がいなくて、食事はいつも独りで作って食べていた」と、彼女の家庭の事情を少し話してくれた。

虚言癖があるとの事なので、一概にその話を信用するわけにもいかないけど、両親に甘えたい時期に甘える機会を逃している寂しさみたいなものは十分彼女から感じた。

彼女の話が本当だとしたら深刻な愛着障害を抱えている可能性がある。

接客中も僕の髪の毛を触ろうとしたりする様子もあったので、人とのスキンシップで愛情を図るような行為にもあまり恵まれて来なかったのかもしれない。

彼女の甘え癖、怠慢、虚言癖は、小さい時に十分な愛情を受け取れないまま育ってしまった結果現れている症状。

小さい時から時間が止まったままの女の子が大人を相手に接客していると考えれば、すごく納得のいく事が多い。

見た目は大人で中身は子供なんだから、甘えて来るのは当たり前、怠慢なのも当たり前、人に褒めてもらいたい、嫌われたくない理由で嘘もつく。

幼い頃に親との間で安定した愛着を築けないことで起こる愛着障害は、子供の時だけでなく大人になった後も、心身の不調や対人関係の困難、生きづらさになってその人を苦しめ続ける。

そういう人は世の中にたくさんいると思う。

ただ社会はそういう背景を考慮してはくれない。

本来の実年齢で持っている経験とスキルでの評価が全てだ。

特に飲食店はコロナ禍の影響で必死の経営を迫られている状況だから、彼女のようなタイプがお荷物になってしまうのも致し方ないことだと思う。

愛着障害を克服するには、彼女が示す症状だけに目を向けて改善しようとしてもあまり効果はない。

家庭内の不和が依然として続いている状態であれば、両親と彼女の愛着の問題が解決されない限り、彼女はずっとそのまま困難を抱えて生きていかなければならない。

最悪なのは彼女が生きていく事を諦めてしまう事だけど、幸い「死にたくなった時に励ましてくれた人と同棲している」みたいな事も話していたから、その人が今、彼女の両親に代わる仮の安全基地みたいな役割を果たして、彼女の人生をなんとか支えているような現状だと思う。

僕自身もそうであるから、愛着障害については今後も学びつつ克服していかなければいけない。

気になる人は、ぜひ自分の愛着障害についてもチェックしてみてほしい↓







-哲学・思想
-

執筆者:

関連記事

メンタルクエスト

人間の心を操って、恐怖と不安で支配しようとする悪い魔法使いがいました。その悪い魔法使いは魔法の力を使って、善人のふりをして人間に近づき、油断した人間の心の扉を開けて、大事な秘密を盗み、自分の城に閉じ込 …

大きな退屈の波がまた来た!

大阪に来て、今年で四年目か? また大きな退屈の波が来た。 それに合わせてタイミングよく派遣の契約が切れ、運良く思わぬ大金も入って来たので、これを機に何か新しい事をやってみる事にした。 前回の大きな退屈 …

なんかメメント・モリな話

人生のちっぽけな終わりを見たせいか、「死」についてなんとなく想う事を書く。 会社まで歩いて出勤する道の途中に、パトカーが何台か止まっていて、警察の人が交通整理をしていた。 どうやらバイクの事故があった …

コロナと万博 大阪が感染者を増やしたい理由

なんとなく腑に落ちない大阪府のコロナ騒動について、いつもの誇大妄想陰謀論的な事を語ってみる。4月から大阪のコロナ新規感染者が全国より格段に増えている。発熱があって病院に行けばコロナ感染の疑いがかかり、 …

飢餓状態になると本能が目覚める

二十代の頃、自殺願望が強かった。 バイトの面接に落ちたりとか、他の人が当たり前のようにこなしている事を僕だけが出来なかったりした時とか、よく死にたくなった。 二十代の半ばくらいに、自分の不甲斐なさにつ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク