哲学・思想

『Sekureca bazo』

投稿日:

新年あけまして、おめでとうございます!

いつもブログを読んでくれてありがとうございます。

僕は昨年大阪の道頓堀に、現在住んでいる所とは別に新しい部屋を借りました。

以前、ナカムラクニオさんの『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』を読んだ時に、僕も人を呼べる場所が欲しいな、と思い、偶然まとまったお金が入って来たので、実行に移すことが出来ました。

部屋の表札に掲げた『Sekureca bazo』はエスペラント語で「安全基地」を意味します。

「安全基地」とは愛着理論の用語で、いざ頼ることができ、守ってもらえる人や居場所の事です。

僕は昨年からカウンセリングの勉強も始めたので、この部屋に来た人と遊びながら、何か悩み事があれば聞いてみたりもしたいと思います。

イメージはサブカル系趣味の部室です(^^♪

土日休みの仕事をしているので、基本的にいつも土曜日だけいます。

僕を含めて四人くらいは入れるスペースに、マンガ、ゲーム(PS2)、テレビでネット動画を観る環境を用意しています(お酒もあります!お店ではないので無料です(^^♪)

世の中的には依然コロナが続き、緊急事態宣言になりそうな状況ですが、僕個人はこの『Sekureca bazo』を中心に、より楽しく充実した方向に動く年になると思います。

というわけで、本年もよろしくお願いします!

安全基地『Sekureca bazo』↓

大阪府中央区島之内2丁目2-6 グランビルド道頓堀101号室







-哲学・思想

執筆者:

関連記事

映画『怒り』 同情や共感をしてはいけない人

あらすじ 八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケン …

人間は、いまだサルである

僕たちは人間はいまだにサルだ。 この事を理解していないと、自分本来の人生を生きるのは難しい。 サルのような動物の群れには、力の強いものが力の弱いものを支配する「本能的構造」がある。 そしてこの本能的構 …

神武東征

新しい神話の時代を生きる

直感が働く時、僕はそこに自分の意志ではない第三者的な意識の存在をうっすらと感じる時がある。 その時点では何が目的か分からないけど「とにかくやらなきゃな」みたいな気にさせられ、行動を起こした後日にその答 …

社会に従属してしまうマインドセット

子ども頃、僕の生活サイクルは親の生活サイクルに合わせて決まった。 自分ではまだ何も選べないから、着る服も食べる物も行く場所もほとんど両親が決めた。 やっていい事とやってはいけない事も両親が決めた。 僕 …

日常空間で死ぬようなものはARTではない

僕はARTに関してあまり教養がない。 僕は創作する喜びを得たくてARTをやっているだけなので、自分の作品にも他人の作品にもあまり興味がない。 たまに美術館や個展を観に行ったりするけど、わけのわからない …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク