哲学・思想

非HSPってどんな感じなんだろう?

投稿日:2021-03-04 更新日:

僕はHSP気質だ。
子供の頃はそうでもなかったはずだけど、一般より敏感で繊細な人らしい。
日本人の5人に1人はHSPだと言われているけど、そうでない人たちは、いつもどんな感じで毎日を過ごしているんだろう?
敏感で繊細じゃないなら、鈍感でがさつなんだろうか?
HSP以外の人たちが全員そうだとはもちろん思わないけど、HSPの僕らには信じられないレベルの鈍感でがさつな人は確かにいる。
周囲を気にせず大きな声で話し、大きな物音を立て、自分一人だけ楽しんでいたり、満足していても平気な人。
他人にまったく気を遣わない彼らの感覚を一度でいいから味わってみたい。
やっぱり生きやすいんだろうか?
敏感で繊細なHSPは共感能力が高いので、基本的に他人の感情や本心をとても気にする。それは他人の感情がそのまま自分の感情として再現されてしまうからで、苦しくて見過ごす事が出来ない。HSPは自他の境界が薄く、他人優先で、外部の刺激を受けやすい。
例えば道端にホームレスの人がいたとして、その人が表情や言葉で空腹や寒さなどを訴えるメッセージを発していたりすると、その空腹感、寒さを同じように体感してしまう。相手と同じ苦しみを自分も味わうわけだから、相手をなんとかしてやらないと、自分の苦しみも消えない。何か出来る事があればいいけど、何も出来ずに通り過ぎれば、罪悪感で疲弊する。
お店などで客に怒鳴られている店員さんを見ても、その恐怖感だったり、屈辱感だったりを同じように感じる。クレームの内容が理不尽なものであれば店員さんと同じ怒りが沸いて来たりもする。
あとは自分が振った話題で相手が退屈そうな顔をしたり、興味がなさそうな感じを受け取ったりしても罪悪感を覚える。だから僕はなるべく聞き役に回り、相手の興味に合わせる事が多い。
程よく気を遣う事が出来れば、「よく気が利く人」と重宝されたりもするけど、過剰に気を遣えば「優柔不断な人」だと敬遠されたりもする。
少数相手ならまだ無理のない範囲で利他的に振る舞えるけど、大人数相手だと感情と本心の情報量が多過ぎて混乱し、精神的に参ってしまう。
これが長年の悩みで、HSPに関しては、本やネットの動画を観て学んだ。
ある程度理解は深まったけど、そもそもの気質を変えるのは無理だし、敏感で繊細な感覚がずっと当たり前だったから、むしろ非HSPの人たちがこの世界や他人をどう感じているのか知りたい。
相手が退屈しているのに平気な顔で自分の話ばかりを続ける人たちは、相手の感情が全く読めないのだろうか?
相手の感情が読めないとか、想像出来ないという事が僕には理解出来ない。
目の前で困っている人、寂しそうな人を見ても心苦しくならない状態が信じられない。
でもそういう人がいるのは確かだ。
何事も自己優先で他人に全く遠慮しない性格。さぞ生きやすいだろうな、と羨ましく思ったりもする。

HSPとは一生の付き合いだ。
僕はこの利他的な気質を上手くコントロールして、なるべく自己犠牲にならないように自分が大事だと思う人たちに向けて使いたい。疲れたら無理せずに休養を取る。                     

多くは望めない人生だけどそれでなんとか今後もやっていくしかない。







-哲学・思想
-

執筆者:

関連記事

情報は思考の道具

科学とスピリチュアル、どっちが正しいか? あるいはどっちが有益か? そんな対立構図にして白黒つけたがる人たちがいる。 僕にとっては科学やスピリチュアルな情報に限らず、あらゆる情報は単なる思考の道具にし …

有名人の鬱や自殺報道を受けて想う事

有名人の鬱や自殺の報道があると、大勢の人が励ましの声や心配する声を上げる。 でも僕たちは所詮有名人のパブリックイメージしか知らない赤の他人なのであって、一方的に親近感を抱いて励ましたり心配したりしても …

なんかメメント・モリな話

人生のちっぽけな終わりを見たせいか、「死」についてなんとなく想う事を書く。 会社まで歩いて出勤する道の途中に、パトカーが何台か止まっていて、警察の人が交通整理をしていた。 どうやらバイクの事故があった …

洗脳はごく身近で起きている

誰かに何か相談事をした時に、相手の表情が少しでも嬉しそうな顔をしていたら、すぐに相談を打ち切った方がいい。相手は親身になるふりをして、内心喜んでいる。「お前のためだ」とか言ってアドバイスしてくると思う …

ドラマ『Followers』シンデレラ願望と無理ゲー社会を生きる苦悩

あらすじ インスタにアップされた1枚の写真がきっかけで有名になった女優の卵をはじめ、東京で悩み傷つきながら幸せを追い求める女性たちの人生が意外な形で交錯していく。 監督:蜷川実花 キャスト:中谷美紀、 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク