芸術

eastern youth

投稿日:2021-03-06 更新日:

嗚呼、孤立無援の花、咲くばかり、咲くばかり。
狭い部屋でROCKを聴きながら油絵を描きまくっていた20代前半、このフレーズが身に染みた。
eastern youth
このバンドと出会ったのは、仙台のアーケード街にある新星堂。
パンク系のコーナーの新譜に、武骨な坊主頭の男が描かれている版画のジャケットのCDがあったので手に取ってみた。
連れの友達が「そのバンド格好良いよ」と言うので試聴。
確かに、確かに!!
僕の好きな森田童子の「たとえば僕が死んだら」のカバー曲も入っている2ndアルバム。
大ジョッキに男気を並々注いで溢れさすような熱があり、一言で言えば「エモい
そもそもこの「エモい」「エモーショナル」という言葉と概念は、明確な意味を未だ調べずしてeastern youthがその迸る楽曲を通して教えてくれた。
当時の年齢は知らないけど、見た目は全員おっさんの3ピース。
オフィスで頭脳労働するような柄でもないし、基本的に人が苦手なので接客業も避けて肉体労働のバイトばかりしていた僕は、eastern youthが打ち出す汗臭くて泥臭い世界観に心酔した。
オレは腐っても芸術家だ!
理解されたら負け、売れたら負けだとeastern youthを聴く度に息巻いていた。

でもお前なんかまだ青い

彼らのエモーショナルはそんな感じで僕を突き放してくる時もあり、現実に打ちのめされて意気消沈する度に這い上がる怒りもくれた。
eastern youthは僕が敬愛する佐伯祐三という画家を教えてくれたバンドでもある。
HMVの店頭に堂々と掲げられた3rdアルバムのポスターが佐伯祐三の「立てる自画像」で、その絵にも感化された僕は、以後野獣派を気取って、絵の具を惜しまずに、毛羽だった筆とペインティングナイフでキャンバスに街や人物を描き殴った。
そして未だ何者にもなれずに生きている。
本当に世界は割れ響く耳鳴りのようで、やりたい事はいっぱいあっても、時間もお金もそんなに余裕がない状況。                    

何者にもなれずに、ただ生きて行く覚悟だけは余儀なくされている。
東北出身で独身、現在42歳。
まだまだ青いからeastern youthは僕にもピッタリなバンド名だ。

特に好きな3曲】「踵鳴る」「黒い太陽」「破戒無慙八月







-芸術
-

執筆者:

関連記事

小説『霊感商人』 とかく世間はあざとさに弱い

僕は個人的な興味でこれまで何度かいろんな宗教団体の施設を訪れ、その集会に参加した事がある。 だいたいどの宗教団体の人たちも親切で、ふらっと立ち寄っただけの参拝でも快く歓迎してくれる。 信者さんの中には …

映画『キョンシー(殭屍)』陽が過ぎて陰が満ちる

あらすじ 大ヒットホラー映画に出演してスター俳優として活躍したものの、今では落ち目になった上に妻子とも別れてしまったチン・シュウホウ(チン・シュウホウ)。全てに絶望した彼は、幽霊が出現するとささやかれ …

感受性、応答せよ!現代アートもゲルニカも所詮無力

地下鉄の駅でたまたま立ち寄った現代アートの展示会を眺めてみた。 ほどよいスペースで何かを主張する立体と映像作品。 相変わらずわけがわからず、見た目には退屈だった。 でも僕はこれらが何を伝えようとしてい …

アニメ『聲の形』伝えたいのは心の形

あらすじ 西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし… …

映画『パラサイト 半地下の家族』 人生は煉獄

あらすじ 半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク