芸術

NUMBERGIRL

投稿日:2021-03-07 更新日:

向井秀徳氏いわく、ナンバーガールは「鍋島藩脱藩広域指定重音楽」なんだとか。
言い得て妙だけど、確かにナンバーガールの楽曲は時代劇のような世界観があり、刀で斬り合うチャンバラ的で過激な祭囃子を彷彿とさせる。
初めてその楽曲を聴いた時、本来は自分で表現しなければいけない曖昧な思想や感情を、独特なスタイルで、より的確に代弁されてしまったような悔しさがある。
宇宙だ、神だ、愛だ、なんだと堂々巡りする僕の頭の中にすっと割り込んで来る諸行無常と甦る性的衝動は紛れもない事実である。
抗いたくても抗えない。
20代で失踪した時に見た夜の隅田川に吹く風も本当に鋭かった。
easternyouthと義兄弟の契りを交わした、西のエモーションナルバンド。
僕はナンバーガールを勝手にそう思っている。
特筆すべきは、このバンドの女性ギタリストである田渕ひさ子さんの存在。
僕はそれまで女性のギタリストに対してPOPなイメージしかなく、バリバリのROCKギターでカッコ良いと思ったのは彼女が初めてだった。
見た目は小柄な女子大生かOLさんのようだけど、演奏は女座頭市。
機材的な事や奏法的な事には疎いから、彼女のギタープレイの何が凄いか的な事は一切言えない。
ただ「騒やかな演奏」に収録されている「SAMURAI」と「mini grammar」での彼女の演奏シーンは、まさに6本の狂ったハガネの振動。
その金属音にぶった斬られた。
歌詞からの引用が多い感想ばかりだけど、ナンバーガールの曲は好きなフレーズがあり過ぎるから、どうしても引用したくなってしまう。
向井氏同様、僕も国家の最高機密は当然知らんわけだけど、とにかくこのバンドが世に登場してくれた事に関しては、Fender社長に礼を言う!

特に好きな3曲】「鉄風鋭くなって」「BRUTAL MAN」「Sentimental Girl’s Violent Joke

NUMBER GIRL – 鉄風 鋭くなって







-芸術
-

執筆者:

関連記事

MOGA THE ¥5

よく聴いていたのは20代前半。希死念慮がひどい夜にいつも鳴らしていた。 何が為にこんなに不安なんでしょうか? 2rdアルバムの『未完全論』がそう言うように、突発的に襲って来る不安はいつも曖昧で、眠りに …

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』大人のいない社会

あらすじ 西暦2000年9月13日に起きた大災害セカンドインパクトによって世界人口の半数が失われる。その15年後の西暦2015年、主人公である14歳の少年碇シンジは、別居していた父、国連直属の非公開組 …

LUNA SEA 思春期とナルシシズム

音楽について語るのは難しい。 本来はバンドや楽曲の良さについて書くべきなんだろうけど、僕が書けるのは、その音楽との出会いだったり、よく聴いていた当時の思い出くらいしかない。 今回書きたい音楽はLUNA …

『吾輩は猫である』 ~漱石に見る諦念と達観

精神科医の岡田尊司さんの著書『愛着障害』を読んで、日本を代表する文豪・夏目漱石が「恐れ・回避型の愛着スタイル」に該当する可能性がある事が分かった。 僕も愛着障害の診断テストを受けると、愛着不安と愛着回 …

アニメ映画『紅の豚』醜い大人になった呪い

あらすじ 飛行艇を操る空賊が横行していた、第一次大戦後のイタリアはアドリア海。賞金稼ぎの飛行艇乗りであるポルコ・ロッソは、空賊たちには天敵の存在。自分の顔を魔法で豚に変えてしまったポルコを何とかやっつ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク