芸術

MOGA THE ¥5

投稿日:2021-03-10 更新日:

よく聴いていたのは20代前半。
希死念慮がひどい夜にいつも鳴らしていた。

何が為にこんなに不安なんでしょうか?

2rdアルバムの『未完全論』がそう言うように、突発的に襲って来る不安はいつも曖昧で、眠りについた朝方には何故か治まっている。
将来画家になる!
専門学校までのモラトリアム期間が終わってバイト生活が始まった途端、その意気込みが急に萎んでいって、キャンバスに向かう絵筆は止まらなかったけど、現実味はまったくなかった。
学生時代の時は確かにあった根拠のない自信はどこに消えたんだろう?
根拠がないから本当は初めからなかったのだろうか?
モガザファイブエンの楽曲にシンパシーを感じる人はたぶん疲れているか、病んでいる。
その歌声は粗く、お世辞にも上手いとは言えない。
ライヴの音源なんかは更にひどい。
それでも歌はなくてはいけない理由があるから、歌う。
不安や憤りを吐き出すために、当てもなく意地になって歌っている。
そんなバンドのような気が当時した。

思い込んでる役立たずな知識。
背負い込んだ不可能だらけの意志
眠い話をまた背負ってるだけ。
同じ世界で泳ぐ君にだけ聴こえるんだ

すごく良い歌詞。

このバンドが広く世の中に認知されて売れたら、どんな音楽を彼らは創るんだろう?
自分の将来性を棚に上げて、そんな事を案じながら聴いていた。
売れる前に自ら終わるかもしれない。
エモーショナルなバンドには、そんな賞味期限があると思っている。
演る方も聴く方も「いつまでこのまま行けるんだろう?」みたいな危うさを常に感じていたような気がする。

売れるのか? 終わるのか?

どちらかの結果が出るまでの間しか成立しない楽曲。
だから紅白に出て平成を代表する歌とかには絶対にならない。
普遍的ではない一過性の曲たち。
一時の忌々しい気の迷いみたいなものを、一時激しく演奏する。
出会うタイミングによっては聴いていなかったかもしれない。
モガザファイブエンは特にそんな感じのバンドだった。
でも希死念慮が酷かった僕には絶対必要だったと思う。

【特に好きな3曲】「欲情に噎ぶ」「夕空のエレジー」「正しい言い訳」

MOGA THE ¥5-ダメになってもいいですか?(OFFICIAL VIDEO)







-芸術
-

執筆者:

関連記事

映画『ショーシャンクの空に』心の在り処

あらすじ 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた …

ダークナイト

映画『ダークナイト』無敵の人が理解出来ないヤバイ社会

あらすじ 悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪 …

LUNA SEA 思春期とナルシシズム

音楽について語るのは難しい。 本来はバンドや楽曲の良さについて書くべきなんだろうけど、僕が書けるのは、その音楽との出会いだったり、よく聴いていた当時の思い出くらいしかない。 今回書きたい音楽はLUNA …

小説『ドグラ・マグラ』 男女の絆と遺伝子の悲劇

僕には生まれた時から心臓疾患がある。 兄夫婦の間に生まれた姪っ子にも生まれた時から脳性麻痺の疾患があった。 人が何らかの障害を持って生まれて来る理由として、環境的要因であるとか、確率的な結果であるとか …

映画『怒り』 同情や共感をしてはいけない人

あらすじ 八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケン …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク