芸術

野狐禅

投稿日:

野狐禅(やこぜん)とは禅の修行者が、まだ悟りきっていないのに悟ったかのようにうぬぼれること。転じて、物事を生かじりして、知ったような顔でうぬぼれること。

タイトルは忘れたけど、ネットの動画配信サイトにカメラマン志望の男の子が東京に上京して夢を追うみたいなドラマがあって、その主題歌が野狐禅の「ぐるぐる」だった。
野狐禅はそのドラマをきっかけにハマった。

桜のアーチを潜り抜けてから一体どんぐらいの年月が流れたんだろう?
嗚呼うまい事思い出せねぇや、いや思い出したところで何のメリットもありません

何かやってもやらなくても時間だけは勝手に経つ。
何かやってもやらなくても、それまで生きた分の記憶と思い出は蓄積されていく。
仙台時代によく遊んでいた専門学校の同期たちも、みんなそれぞれ就職したり結婚したりしてバラバラ。
ドラマの中で上京したカメラマン志望の男の子は、憧れの東京で毎日笑ったり泣いたりしていた。
良いなぁ、早く行きたいなぁ
一度遊びに行った吉祥寺の街が気に入り、僕も10年近く住んだ古巣の仙台を離れてちょうど上京するタイミングだった。
仙台ではずっと絵を描いて来たから、今度は東京で小説を書こう。CDを買って東京で野狐禅を聴こう。
そして小説家になる!
30歳手前の年齢で上京するには、そんな感じで自分を騙す大義名分がいる。
自分をワクワクさせるための楽しい嘘がいる。
内実は暇潰しだ。仙台での暮らしがマンネリ化し、暇で退屈になったから東京に行く。
現実的にどうなるかはわからないけど、僕はふと湧いたイメージだけを追いかける。
ワクワクしたイメージだけしか実行する事が出来ない。ワクワクしたイメージを無視するとジッとしていられなくなり、遅かれ早かれやってしまう。
焦燥なのか衝動なのかもよくわからない。
でもとりあえず動いてみたら吉祥寺に手頃な部屋が見つかり、すぐに仕事も見つかって小説を書いていた。
一緒に酒を飲んでくれる人も見つかって、彼女も出来た。
出版社に投稿した詩が雑誌に掲載されたり、出版詐欺に遭いかけたりもして、苦々しくもそれなりに楽しい東京生活。
ギター担いで吉祥寺のアーケード街をのっしりと歩く竹原ピストルも見た。
今思えば野狐禅の曲に触発された上京。
野狐禅の曲に感化された東京生活だったような気がする。
でも誰かが紡いだ物語とか、誰かが歌う歌がカンフル剤になって、停滞していた人生がまた生き生きと動き出す事ってあると思う。
僕の人生をドラマ化するとしたら、東京編の主題歌と挿入歌はもちろん野狐禅だ。

【特に好きな3曲】「ぐるぐる」「カモメ」「札幌処刑台」







-芸術
-

執筆者:

関連記事

夢で教わった“ART”の定義

先日夢の中で“ART”とは何か?を僕に諭す人がいた。 その人が言うには“ART”とは「Animism Regression Trance」の略語で、“人間がアニミズムに回帰するためのトランス状態の中で …

eastern youth

嗚呼、孤立無援の花、咲くばかり、咲くばかり。狭い部屋でROCKを聴きながら油絵を描きまくっていた20代前半、このフレーズが身に染みた。eastern youth。このバンドと出会ったのは、仙台のアーケ …

JITTERIN’JINN

ジッタリンジンの曲は小学校の時、従姉妹の姉ちゃんにもらったカセットテープでよく聴いていた。スカ、パンク、ロカビリーっぽい軽快なリズムの曲が多く、聴くとすぐに気持ちがはしゃぐ。専門学校の時まで、僕はこの …

映画『地獄の黙示録』 戦争という体験によって明るみになるもの

あらすじ ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。道中、様々なベトナム戦争の惨状を目の当たりにしながら、ウィラードは4人の部下と共に哨戒艇で川を上っていく……。 …

アニメ『鬼滅の刃~柱合会議・蝶屋敷編』やんごとなき人の影

あらすじ 主人公・竃門炭治郎が隊士でありながら、鬼となった妹・禰豆子とともに行動していることに対して“隊律違反”を犯したと“柱”たちから裁判を受ける 鬼殺隊のリーダーである産屋敷輝哉の類い稀な人間性が …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク