オカルト・スピリチュアル

登ったら死ぬ山

投稿日:2021-03-18 更新日:

京都府福知山市大江町内宮。
ここに元伊勢内宮皇大神社があり、その神社の遥拝所から日室ヶ嶽(ひむろがたけ)という小高い山が望める。
キレイな三角形の山で、夏至の日には「夏越の大祓」が行われ、遥拝所から拝むと太陽が頂上に沈む神秘的な場所。
おそらく人工的に作られたピラミッドだと思う。
僕は磐座(巨石信仰)に興味があり、よく神社や遺跡のような場所に行く。
以前福知山に住んでいた関係もあって、元伊勢内宮皇大神社と日室ヶ嶽にも何度か足を運んだ。
この日室ヶ嶽には伝説がある。山自体が神聖な御神体だからか、「登ったら死ぬ」と言われている禁足地だ。
元伊勢と呼ばれる神社は、現在の伊勢神宮が三重県伊勢市に定まる前に、第11代垂仁天皇の第四皇女である倭姫命(やまとひめ)が、荒ぶる天照大御神の御霊を鎮めるための御杖代となって、その神体である八咫鏡を順次奉斎した場所。
修験の行者である金井南龍さんが書いた『神々の黙示録』という著書によると、倭姫命が大和国から伊賀・近江・美濃・尾張の諸国を経て伊勢の国に入った本当の目的は、伊勢五十鈴フトマニクシロ
この皇家を守る霊的バリアーを二十九ヶ所の霊的拠点を結んで形成するためだったらしい。
五十の三角形を、天津金木の雛形、天津菅麻の雛形と呼ばれる形に結ぶと、1500年の効力がある結界が出来る。
その結び目の一つとして選ばれたのが日室ヶ嶽だ。
登ったら死ぬ」と言われているその日室ヶ嶽には一体何があるのか?
日常に退屈しているオカルト好きの僕としては当然興味が湧く山で、何度か足を運ぶ度に、毎回登りたくなる強烈な誘惑にかられた。
一説によると、この山の頂上には黒い石の磐座があるらしい。
もし本当にそんなものがあるならぜひ見てみたい。
以前奈良の大三輪山に登った時も、頂上にかなり変わった不思議な黒い磐座があり、僕はその磐座を見てから、UFOを何度か目撃するようになった。
日室ヶ嶽と遥拝所の間には川が流れていて、川側から山を見ると断崖絶壁のようになっている。
登山道のようなものがあれば30分くらいで登れそうな山だけど、山の周辺を散策してもそれらしき入り口や道は見つからなかった。
それであえなく登るのを断念した。
ネットで調べた情報によると、かつて一人だけこの山に登った人がいるらしく、先ほど紹介した『神々の黙示録』の著者である金井南龍さんがその人だった。
僕は『神々の黙示録』に書かれている行者としての南龍さんのエピソードがとても好きで、『神々の黙示録』を読んでからずっと尊敬していた。
その南龍さんが、日室ヶ嶽に登ってから急激に体が衰弱してしまったらしく、それから1年後くらいに亡くなってしまったようだ。
かつては「滝の行者」の異名を持ち、幼少期より神霊と交流し神秘な現象を日常的に体験していた南龍さん。
実業界で一時活躍した後、50年代半ばから全国の山野を跋渉した。
大嵐の夜。南龍さんは自身の集大成とも言える偉業として、白山に単独で登り、天照より神格の高い菊理姫を救出した。
まるで幻想的なRPGの主人公のような行者さんが死んだ山。
それを聞いたらとてもじゃないけど怖くて登れない。
山の上空を旋回する鳶か鷹のような鳥も、なんとなく山の神の眷属が僕の不法侵入を見張っているような気がして後ろめたかった。
ただパワースポットとしても知られている場所だから、景色は長閑で、行くと気持ちが良かったりする。
オカルト好きにはとても気になる山であるのは間違いないけど、伝説は想像するに止めて、散策がてら静かに参拝を楽しむがベストだと思う。

GWS通信 第二回「金井南龍」 Harry山科







-オカルト・スピリチュアル
-, ,

執筆者:

関連記事

小説『ドグラ・マグラ』 男女の絆と遺伝子の悲劇

僕には生まれた時から心臓疾患がある。 兄夫婦の間に生まれた姪っ子にも生まれた時から脳性麻痺の疾患があった。 人が何らかの障害を持って生まれて来る理由として、環境的要因であるとか、確率的な結果であるとか …

アニメ『千と千尋の神隠し』 亡き兄の思い出

あらすじ 両親と共に引越し先の新しい家へ向かう10歳の少女、千尋。しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を感じていた。やがて千尋たちの乗る車はいつの間にか“不思議の町”へと迷い込んでしまう。 …

映画『キョンシー(殭屍)』陽が過ぎて陰が満ちる

あらすじ 大ヒットホラー映画に出演してスター俳優として活躍したものの、今では落ち目になった上に妻子とも別れてしまったチン・シュウホウ(チン・シュウホウ)。全てに絶望した彼は、幽霊が出現するとささやかれ …

人格

人間の人格と認知の違いについて思う事

人間の人格と、認知の違いについて思う事を書いてみる。 僕は二重人格や多重人格の症例に限らず、人は誰でも幾つかの人格の型を持っていて、時と場合に合わせてそれを無意識に使い分けていると考えている。 普段優 …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク