オカルト・スピリチュアル

登ったら死ぬ山

投稿日:

京都府福知山市大江町内宮。
ここに元伊勢内宮皇大神社があり、その神社の遥拝所から日室ヶ嶽(ひむろがたけ)という小高い山が望める。
キレイな三角形の山で、夏至の日には「夏越の大祓」が行われ、遥拝所から拝むと太陽が頂上に沈む神秘的な場所。
おそらく人工的に作られたピラミッドだと思う。
僕は磐座(巨石信仰)に興味があり、よく神社や遺跡のような場所に行く。
以前福知山に住んでいた関係もあって、元伊勢内宮皇大神社と日室ヶ嶽にも何度か足を運んだ。
この日室ヶ嶽には伝説がある。山自体が神聖な御神体だからか、「登ったら死ぬ」と言われている禁足地だ。
元伊勢と呼ばれる神社は、現在の伊勢神宮が三重県伊勢市に定まる前に、第11代垂仁天皇の第四皇女である倭姫命(やまとひめ)が、荒ぶる天照大御神の御霊を鎮めるための御杖代となって、その神体である八咫鏡を順次奉斎した場所。
修験の行者である金井南龍さんが書いた『神々の黙示録』という著書によると、倭姫命が大和国から伊賀・近江・美濃・尾張の諸国を経て伊勢の国に入った本当の目的は、伊勢五十鈴フトマニクシロ
この皇家を守る霊的バリアーを二十九ヶ所の霊的拠点を結んで形成するためだったらしい。
五十の三角形を、天津金木の雛形、天津菅麻の雛形と呼ばれる形に結ぶと、1500年の効力がある結界が出来る。
その結び目の一つとして選ばれたのが日室ヶ嶽だ。
登ったら死ぬ」と言われているその日室ヶ嶽には一体何があるのか?
日常に退屈しているオカルト好きの僕としては当然興味が湧く山で、何度か足を運ぶ度に、毎回登りたくなる強烈な誘惑にかられた。
一説によると、この山の頂上には黒い石の磐座があるらしい。
もし本当にそんなものがあるならぜひ見てみたい。
以前奈良の大三輪山に登った時も、頂上にかなり変わった不思議な黒い磐座があり、僕はその磐座を見てから、UFOを何度か目撃するようになった。
日室ヶ嶽と遥拝所の間には川が流れていて、川側から山を見ると断崖絶壁のようになっている。
登山道のようなものがあれば30分くらいで登れそうな山だけど、山の周辺を散策してもそれらしき入り口や道は見つからなかった。
それであえなく登るのを断念した。
ネットで調べた情報によると、かつて一人だけこの山に登った人がいるらしく、先ほど紹介した『神々の黙示録』の著者である金井南龍さんがその人だった。
僕は『神々の黙示録』に書かれている行者としての南龍さんのエピソードがとても好きで、『神々の黙示録』を読んでからずっと尊敬していた。
その南龍さんが、日室ヶ嶽に登ってから急激に体が衰弱してしまったらしく、それから1年後くらいに亡くなってしまったようだ。
かつては「滝の行者」の異名を持ち、幼少期より神霊と交流し神秘な現象を日常的に体験していた南龍さん。
実業界で一時活躍した後、50年代半ばから全国の山野を跋渉した。
大嵐の夜。南龍さんは自身の集大成とも言える偉業として、白山に単独で登り、天照より神格の高い菊理姫を救出した。
まるで幻想的なRPGの主人公のような行者さんが死んだ山。
それを聞いたらとてもじゃないけど怖くて登れない。
山の上空を旋回する鳶か鷹のような鳥も、なんとなく山の神の眷属が僕の不法侵入を見張っているような気がして後ろめたかった。
ただパワースポットとしても知られている場所だから、景色は長閑で、行くと気持ちが良かったりする。
オカルト好きにはとても気になる山であるのは間違いないけど、伝説は想像するに止めて、散策がてら静かに参拝を楽しむがベストだと思う。







-オカルト・スピリチュアル
-

執筆者:

関連記事

一神教の原理主義が実現する千年王国

宗教絡みの記事になるので、はじめに宗教と原理主義とは何か?について触れておきたい。 一般的に「宗教」の概念は神を信仰する教えやその儀式などを行う集団の事だという認識があると思う。 でも本来「宗教」とは …

マンガ『僕とフリオと校庭で』観念と実存の狭間で揺れる

あらすじ 抜け出せない不思議世界の迷路。 原作:諸星大二郎 ネットの動画で「幽霊はいる? いない?」をテーマに論争している番組を観た。 過去何度もやって来た論争だと思うけど、僕はこのテーマに関しては今 …

映画『15時17分、パリ行き』明確なビジョンに起こる運命

あらすじ 2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせ …

人間と神と宇宙はリンクしている

人間はかつて神だった。 その神の意志が宇宙という卵を生み、その卵から人間という神の雛が孵った。 そして神の雛である人間は遠い未来でまた神になる。 中国かアメリカのどちらかが5Gの覇権を制したら、AIや …

「ひらがな」に秘められた力

日本人が昔から使っている「ひらがな(平仮名)」に関する面白い発見をした。 平らな仮の名前と書いて「ひらがな」。 この文字がこの世の現象をフラットにする。 たとえば、ひらがなで「きょうそう」。 この言葉 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク