哲学・思想

有名人の鬱や自殺報道を受けて想う事

投稿日:

有名人の鬱や自殺の報道があると、大勢の人が励ましの声や心配する声を上げる。

でも僕たちは所詮有名人のパブリックイメージしか知らない赤の他人なのであって、一方的に親近感を抱いて励ましたり心配したりしても意味がないような気がする。

僕たちは有名人のパブリックイメージに好感を持っているだけで、その有名人が本当はどんな人なのか全然知らない。

もし自分が有名人だったら、たとえファンでも、自分の事を何も知らない赤の他人に励まされたり、心配されたりしても別に嬉しくはないだろう。

むしろ「早く治せ!」と要求されているようなプレッシャーを感じて、更に追い詰められてしまうかもしれない。

注目されているのは一人歩きしたパブリックイメージだけ。

日本中に関心をもたれているのは、世間の期待に応えようとするパブリックイメージだけ。

世間が見たいのは有名人の素の姿ではなく、パブリックイメージだけ。

そのイメージを裏切ったら世間は許してくれるのか?

本当の自分を知ったら世間はどんな反応をするんだろう?

有名になるとそんな不安と恐怖が常につきまとうのかもしれない。

ゆっくり休んでください!

早く元気になってください!

またテレビで活躍する姿が見たいです!

いや、本当はもう辞めたいのに…

僕たち世間は疲れ果てた有名人たちの本音を知らずに、また楽しませて欲しいと期待する。

その人が必死で守って来たパブリックイメージがとても魅力的で価値のあるものだから、また復活して欲しいと期待する。

でも深いレベルでリアルに付き合いのある人にしか、その有名人が抱える苦悩は分からない。

無関心でいるつもりの僕にしても、つい気になってこのブログに自分の想いを書いてしまう。

赤の他人が有名人をネタにして、自分勝手な想いを綴る。

そしてこのブログを読んだ誰かが、今度は書き手の僕のイメージを好き勝手に想像する。

僕のイメージが一人歩きして、誰かを楽しませたり、傷つけたりする。

でも僕は無名だから別にどんなイメージでもいい。

何考えてるの?

よく言われるけど、いろいろ考えるからよく分かんない。

素の自分なんて正直何がなんだかさっぱりわからない。

だから別にどんなイメージでもいい。

どんなイメージだろうが、無名の何者でもない僕がただ生きていく事には何の支障もない。

不憫な有名人たちを見て、ふとそう想った。







-哲学・思想
-,

執筆者:

関連記事

ARTに生みの苦しみはいらない

「必死こいてアピールしなくても良い物を創れば必然的に残るはず」 そう思って、以前仙台の海岸で専門学校の友達と立体のARTを創った事があった。 誰が創ったのかわからないARTのような造形物がもし海岸にポ …

人格

人間の人格と認知の違いについて思う事

人間の人格と、認知の違いについて思う事を書いてみる。 僕は二重人格や多重人格の症例に限らず、人は誰でも幾つかの人格の型を持っていて、時と場合に合わせてそれを無意識に使い分けていると考えている。 普段優 …

自己開示

僕が自己開示する理由

自分と他人を比較して、相対的な幸福を追い求める人たちは、自分や他人のプライベートな部分に敏感だ。 人の不幸は蜜の味。 自分が幸福でなければ他人の幸福も素直に喜べない弱さがある。 出来る事なら他人の心の …

シャーマニズムとメンヘラ

シャーマニズムとメンヘラ女子

僕がこれまで出会って来たメンヘラ女子たちは、なぜか霊感(第六感的なもの)がある人が多かった。 亡くなった僕の祖母もメンヘラっぽい性格の人で、何度か霊体験のようなものをした事があると言っていた。 メンヘ …

マンガ『愛と呪い』物語で救う

あらすじ 不穏な社会。宗教を盲信する家族。父親の性的虐待。私は自分も、この世界も、誰かに殺して欲しいのだった――。酒鬼薔薇世代がくぐり抜けた「あの頃」を見つめ直す半自伝的90年代クロニクル。 原作:ふ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク