オカルト・スピリチュアル

オーブちゃん

投稿日:

年上の人なので、本当は「ちゃん」じゃなくて「さん」だけど、石垣島のガールズBARで出会った不思議な女性の話。

スピリチュアルが好きな人や、不思議な体験をしている人は、普段あまりそういう話をしない事が多いと思う。

理由は非常識な変わり者扱いされて社会生活に支障が出たり、馬鹿にされたりするからだろう。

お互いにスピリチュアルなものに関心がある場合でないと、そもそも話すきっかけがない。

スピリチュアルに関心があるかどうかは、たまたま口にしたワードがきっかけで気付いたりする。

オーブちゃんの時もそうだった。

その日はバイト先の後輩と、後輩の弟が正月休みで西表島に遊びに来ていたから、三人で竹島を観光して、夜に石垣島に移動して飲む事にした。

石垣島でもう一人久しぶりに会う約束していた人がいたんだけど、仕事の都合がつかないようで、会えるかどうかわからない状況だった。

とりあえず三人で居酒屋に行って、それからオーブちゃんがいるガールズBARに行ってみた。

そのガールズBARはたまたま入ったお店だけど、バイト先の後輩も後輩の弟も都市伝説とかスピリチュアルなものが好きなので、オーブちゃんに出会った時、みんななぜか不思議な巡り合わせによる必然性を感じた。

スピリチュアル好き特有の思い込みだろ、と言われればそれまでだけど、もう一人会う予定だった人もスピリチュアルな人だったから、僕たちはその人の代わりにオーブちゃんが現れたと思った。

沖縄は「医者半分ユタ半分」っていう言葉があるくらい、スピリチュアルに興味を持っている人や寛容な人が多い。

後輩の弟は女性が接客してくれるお店が初めてだったから、初めかなり緊張している様子だったけど、オーブちゃんが横についてから、まるで親戚のお姉さんと一緒にいるみたいな感じで安心しきり、いつもより口数も多くなっていた。

オーブちゃんはメイクも衣装のドレスも控え目なのに、周囲の目を引く華のある女性で、清楚かつ美人だった。

なにより母性が強い雰囲気が魅力的。

いくつに見える?

女性の年齢って見た目だけではわかりづらいから、飲み屋の子にこんな質問をされると鬱陶しかったりするんだけど、オーブちゃんの場合は本当に気になったから、三人でなんとかオーブちゃんの年齢を当てる事にした。

僕が当時36歳だったから、見た目の若さ的に30歳前後かな?と当たりをつけて答えると、オーブちゃんは笑いながら首を横に振る。

すごく大人っぽい雰囲気もあるけど、本当はもっと年下なのかな?と思って答えると、それも笑いながら首を横に振った。

「正解は45だよ♥笑」

えっ!

まったくそんな感じに見えなかったら全員マジマジとオーブちゃんを見て驚いた。

美魔女。

テレビでしか見た事なかったけど、オーブちゃんの見た目の若さは不老不死の薬飲んでいるとしか思えないレベルだった。

そんな感じでオーブちゃんの実年齢に対する見た目の異常な若さが気になり出してから、話題が徐々に彼女のスピリチュアルな事情になっていった。

彼氏いるんですか?

たぶん三人ともオーブちゃんの事が気になっていたから、僕がみんなの知りたい事を代表してオーブちゃんに聞いてみた。

今はいないよ。アタシと付き合った人、なぜか全員死んじゃうから

えっ?

嘘なのか本当なのか、オーブちゃんがいきなりさらりと衝撃的な事をカミングアウトして来た。

え、どういう事ですか?

不幸な出来事だから突っ込んで聞いていいのかどうかわからないけど、とにかくオーブちゃんに興味津々だったから迷わず聞いた。

アタシ小さい頃に両親とお兄ちゃんを交通事故で亡くしてて、今まで付き合った彼氏もなぜか事故で死んだり病気になって死んじゃったの

身近な人に不幸を招き寄せる不思議な体質。

そういう力みたいなものが自分にはあると、オーブちゃんは言う。

好きな人が出来ても、立て続けに不幸が起きるから、申し訳なくて恋愛出来ない、笑

まるで小説とか映画みたいな話だけど、笑いながらあっけらかんとした様子で話すオーブちゃんから、天涯孤独の身で生きていた寂しさと気高さみたいなものを感じた。

スピリチュアル好きたちの片想いを寄せ付けない壮大な言い訳の可能性もなくはないけど、「ちょっとこれ見て」と彼女が見せてきたスマホの画面を見たら、話の信憑性が格段に増して来た。

アタシがカラオケ歌うと、紫色の不思議なモヤみたいなものがアタシの周りに集まって来るんだよ

スマホの画面に写っていたのはステージ付きのカラオケボックスで歌うオーブちゃんの写メで、楽しそうに歌う彼女の周りに紫色のモヤみたいものが確かにかかっていた。

これ、なんですか?

オーブ

超常現象を扱った番組で、よく光の球体みたいなものが写った心霊写真を見た事があるけど、それとよく似た感じの紫色の光のモヤが、頻繁にオーブちゃんの周りに寄って来るらしい。

周りの人が不幸になる体質とこのオーブは何か関係あるんですか?

よくわからないけど、たぶんあると思う

幽霊を見るとか、そういう霊感みたいなものはないみたいだけど、同じオーブを捉えた動画も彼女のスマホに入っていた。

そのオーブは彼女が歌い出すと画面の端から漂って来て、彼女の周りへ寄って来た。

僕たち三人はますますオーブちゃんが気になり、それからずっとオーブちゃんに質問して不思議な話を引き出した。

オーブちゃんはと宇宙にとても関心があるようで、この世界の在り方と自分の心の在り方はリンクしていると語りだした。

タバコは体に害があるって言うでしょ?でもアタシは何本吸っても全然平気なの。何の悪影響もない。ただ酒の飲み過ぎはダメ。飲み過ぎると体調悪くなったりする

僕は酒もタバコも、飲み過ぎたり吸い過ぎたりすると体に悪影響がある。

世間の常識を信じて体に悪影響があると脳が思い込んでしまえば、何であろうが体に悪影響が出ると、オーブちゃんは言う。

人間の身体は単なる乗り物みたいなもので、脳がパイロット。実際脳自体の寿命は150年くらいあるらしいよ

それからオーブちゃんは脳死が人間本来の死で、他の肉体が心肺停止してダメになっても、脳を他の乗り物に移し替える事が出来れば、人はもっと長生き出来ると主張した。

オーブちゃんの若さの秘密は、オーブちゃんの脳が不老不死の可能性を認めていて、老いる恐怖心を完全に克服しているからだろうと、彼女は自分で推測していた。

そんな美魔女で哲学的なオーブちゃんにすっかりハマった僕たちは、最後に「どんな人がタイプなのか?」という、一番気になる下世話な質問をオーブちゃんに聞いてみた。

アタシが人殺しになっても愛してくれる人

オーブちゃんは迷わず、はっきりと僕たちにそう言った。

交際した彼氏が次々と不幸になってしまうオーブちゃんらしい答えだな、と思う。

それくらいの覚悟がある人としかもう恋愛しない。

交際すれば死ぬんだからオーブちゃんとの恋愛は命懸け。

信じる信じないは別として、オーブちゃんの事情を知ったらそれくらいの覚悟がある男性しかアプローチしないと思う。

連絡先を交換してもらったけど、僕はアプローチ出来なかった。

沖縄を発つ時もう一度だけ会いたかったから店を訪ねてみると、オーブちゃんはあちこちのテーブルに呼ばれて忙しそうだった。

軽く話して、それから思い出作りにBEGINの『島んちゅの宝』を歌った。

その後ガールズBARは閉店してしまったらしく、オーブちゃんは石垣島でゲストハウスを経営している人と結婚した。

幸い交際相手は健在で、恋人が不幸になるオーブちゃんのジンクスはその結婚相手で終わりを告げたようだ。

この世界の在り方と自分の心の在り方はリンクしている。

オーブちゃんの心の在り方がジンクスを変えたのか、結婚相手がオーブちゃんの心の在り方を変えたのかはわからないけど、おめでたい話だと思う。

人生で滅多に会う事のないかなりレアな女性だから、石垣島のゲストハウスでオーブちゃんに会えた人はとてもラッキーだ。

会えばすぐにその良さがわかる。







-オカルト・スピリチュアル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人間と神と宇宙はリンクしている

人間はかつて神だった。 その神の意志が宇宙という卵を生み、その卵から人間という神の雛が孵った。 そして神の雛である人間は遠い未来でまた神になる。 中国かアメリカのどちらかが5Gの覇権を制したら、AIや …

「ひらがな」に秘められた力

日本人が昔から使っている「ひらがな(平仮名)」に関する面白い発見をした。 平らな仮の名前と書いて「ひらがな」。 この文字がこの世の現象をフラットにする。 たとえば、ひらがなで「きょうそう」。 この言葉 …

HSPにはサイコダイブ能力がある?

【サイコダイブ】 主にサイバーパンクの世界観の作品において、人の精神世界に潜り込む技術、またその行為 人と接している時、たまにふとその人の心のビジョンみたいなものが、新作映画のトレーラーのように飛び込 …

神武東征

新しい神話の時代を生きる

直感が働く時、僕はそこに自分の意志ではない第三者的な意識の存在をうっすらと感じる時がある。 その時点では何が目的か分からないけど「とにかくやらなきゃな」みたいな気にさせられ、行動を起こした後日にその答 …

オカルト原風景 『オカルト県オカルト郡オカルト町』

僕の故郷は東北地方の山間部で、銀が取れる鉱山と宿場町から発展した迷信深い土地柄だ。 町の入り口にあたる峠を抜けると、非常に美しい風変わりな盆地が広がり、その周囲を雄大な雪山の山脈が囲んでいる。 町の中 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク