エッセイ 哲学・思想

世界が急に静かになった

投稿日:

SNSやめたら、オリンピックに熱狂する人も発狂する人もいなくなった。

コロナ騒動もワクチン騒動もなくなった。

事件や事故も特にない。

右翼も左翼もいない。

陰謀論を囁く人も正論を怒鳴る人もいない。

見知らぬ他人から個人的意見の違いで人格否定されたり、神経を疑われる事もなくなった。

個人の何かに対する悲鳴、期待、憤り、嘲り、冷笑、祈り、励ましなどの声が全部消えた。

SNSを閉じて現実としか向き合っていない時の世界は、ただ静かで穏やかだ。

大阪の暑い夏だけがある感じ。

僕の頭は常に考え事をしているから、雑多な情報を取り込みすぎると、忙しくて騒がしくなる。

だからテレビを観る習慣も10年以上やめている。

ゲーム用に1台あるだけ。

テレビを観る習慣をやめて一週間くらいは世間に取り残されたような気分で落ち着かなかった。

テレビを観ていると世間と繋がっている感じがして、部屋で一人でいても寂しさをあまり感じない。

正確に言えばテレビを観ている間は寂しさから逃れられるんだろう。

テレビを観ないと誰かと会話する時、共通の話題が減る。

最新のニュースが入って来ないから、世の中の出来事や流行り物が何かわからない。

みんなが僕の知らないワードを口にしたりして、「それなんですか?」って聞くと、「え、テレビ見てないの!?」と驚かれる。

日常会話のネタをテレビに頼っているところがあったから、テレビを観なくなるとコミュニケーションを取る機会や意欲もなくなって来る。

小さい頃から家にテレビがあって、父親に口酸っぱく「ニュースを見ろ」と言われて来たから、世の中の大半の事はテレビで知った。

僕にとってテレビのニュースは見なければいけないもので、ニュースを見て世の中の出来事を知らないと、世間から取り残されて不利益を被ると思っていた。

でも実際観るのをやめても全然そんな事はなくて、むしろ世間の事が気にならなくなって、個人的にはテレビを観る前より毎日が穏やかになった気がする。

ただ従兄弟の薦めでパソコンを買ってネットを繋いでから、今度はネットの世界に溢れている情報に夢中になった。

テレビほど依存しているつもりはなかったけど、YouTubeやSNSを利用する時間が長くなり、そこから得た情報で常に頭が忙しくて騒がしかった。

テレビやネットを観ていると、自分に必要か有益かに関係なく、どんどん雑多な情報が入って来て、欲しい情報の精査が追い付かなくなる。

僕の頭の中を例えたらパソコンのソフトを一度にたくさん開いた状態で、分類していないファイルから必要なデータを探そうとしている感じかもしれない。

そして脳の処理能力が遅れてフリーズし、精神的にぐったりして、シャットダウンを余儀なくされる。

ネットは気になるYouTubeチャンネルとブログぐらいしか見ていない。

あとの時間は読書と映画鑑賞をしている。

特にこれまでのライフスタイルと変わらないけど、SNSに気を取られる時間が減ったから、集中力が増して来た。

良い傾向だと思う。

それでもスマホは手放せない。

やっぱり常に肌身離さず持っていないと不安だ。

この記事もスマホで書いている。

スマホなんかなかった時代から生きているのに、なくなったら生きていけない気がする。

とにかく今日も世界は穏やかで、入道雲がカッコいい暑い夏の一日だった。

いつも読んでくれてありがとう。







-エッセイ, 哲学・思想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

女子ふんじゃった

高校三年の時、何の前触れも無しにクラスの女子が実家に遊びに来た。 学校でたまに話す程度の仲ではあったけど、家に遊びに来る程の仲ではないし、非モテ男子だったからかなり焦った。 その時実家には母親と婆ちゃ …

実感無き深刻な事態を受けて

今日ネットニュースを見たら、志村けんさんが亡くなっていた。 数日前までは大丈夫そうな印象があったけど、突然逝ってしまった。 その事に驚きはあっても、あまり実感はなく、悲しみもそれほど湧いて来ない。 子 …

人間は、いまだサルである

僕たちは人間はいまだにサルだ。 この事を理解していないと、自分本来の人生を生きるのは難しい。 サルのような動物の群れには、力の強いものが力の弱いものを支配する「本能的構造」がある。 そしてこの本能的構 …

迷子の大人にならないように

休日にカメラをぶら下げて大阪の街を歩いていたら、天王寺の駅ビルで迷子になっている老人を見かけた。 その老人は郵便局に行きたいらしく、近くにいたデパートの店員に道を尋ねていた。 ただ老人は何度店員の説明 …

マンガ『ライチ光クラブ』 最後の抵抗期

あらすじ 工場の煙に覆われた螢光町の片隅にある、「光クラブ」と名づけられた少年たちの秘密基地。その場所で、ある崇高なる目的のために作られた「機械」が目を覚ました。 原作:古屋兎丸 14歳の少年たちが、 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク