エッセイ オカルト・スピリチュアル

『オカルト原風景』人形が取り残された家

投稿日:

実家の二階にある床の間に、陶器で出来た老夫婦の人形と古いフランス人形があった。

どちらも母親が嫁いで来た時に、母方の実家から持ち込まれた人形らしい。

老夫婦の人形の方は、母方の祖父母に顔がそっくりだったから、親しみが湧いて別に怖くはないけど、古いフランス人形の方はあまり良い趣味とは言えず、なんとなく気持ちが悪かった。

地元で年に一回ある「人形供養」の時に、その古いフランス人形を焼いて供養したら、その人形だけ青い炎を出して燃えていた。

材質の関係だと思うけど、そんな気持ち悪い人形でも、長い年月を一緒に過ごした物にはそれなりに愛着があるから、人が死んで火葬になる時に似た湿っぽさが微かにあった。

母方の実家は女性が多い家系だからか、そんな感じでずっと捨てずに長年大事にしてある人形がたくさんある。

母親の実家は祖父の代で八百屋を始め、母親の兄夫婦が跡を継いで住んでいた。

僕より歳上の従姉妹の姉が二人いて、毎年ひな祭りの時期になると、母方の実家に親族たちが集まり、家中の人形を飾ってみんなでお祝いをする。

二階の床の間の中央に古いひな人形の雛壇を配置して、その周りに新旧たくさん人形を並べる。

そうすると床の間がすごく賑やかになって、近所の人たちも見に来たりしていた。

その人形だらけになった床の間で、みんなでご馳走を食べたり、子供同士で遊んだりした。

たくさんの人形に囲まれていると、時々一人になっても人がいっぱいいるような気配が常にあった。

リカちゃん人形、キューピー人形、ディズニーやサンリオのぬいぐるみなどに混じって飾られる古いひな人形や日本人形は貫禄があって、ジッと眺めていると、ご先祖様の魂がそこに宿っているような感じがする。

古過ぎて顔にひびが入っている人形なんかもあったりするから、ちょっと怖かったりもするけど、先祖に見守られているような安心感もあって、僕は母方の実家で過ごすひな祭りが好きだった。

八百屋の羽振りが良かったのかどうかはわからないけど、母方の実家は3階建てのビルみたいな建物で、叔父が野菜を仕入れに行く時に乗るバンには当時珍しいテレビも付いていた。

従姉妹の姉たちが買ってもらったボードゲームなどの玩具もたくさんあったから、僕にとって母方の実家は、裕福で賑やかで明るい自慢の家だった。

その明るさに惹かれて、お盆や正月の時も、この家に母方の親戚たちがみんな集まって来る。

だから叔父が借金を苦に自殺した時は、信じられなかった。

それ以後いつも陽気だった家が嘘みたいに暗くなり、お盆以外で親戚が集まる事はパッタリなくなった。

叔父がいなくなった事で生活空間にも空白が出来てしまい、叔父の部屋と床の間がある2階や従姉妹の部屋がある3階に立ち入る事はほとんどなくなった。

そんな母方の実家に、いつからか妙な置物が入り込んだ。

用事があって一階のリビングに顔を出すと、リビングの中央に、金色の布袋様?

そんな置物がドカンと据えられていた。

つるつるの頭で目尻を下げてニタリと笑う福の神。

叔父が亡くなり、叔母の体調も悪くなるなどの不幸が続いたから、開運のために縁起物の置物を買ってみたらしい。

縁起物なのに、パッと見気持ち悪くて、何故かすごく不吉な感じがする置物だった。

その置物のせいか、生活空間として一番明るかったリビングがさらに暗くなったような気がした。

開運とか縁起物とか関係なく、僕は感覚的に気持ちが悪いものを置くと、それがストレスになって運気が下がると思う。

見る度に不快な置物だったから、この置物がある限り、この家は明るくならない気がした。

ひな祭りの時に床の間に集まっていた人形たちは、使わなくなった部屋にずっと閉じ籠ったままになっている。

それからしばらくして叔母の目の病が進行してしまい、施設に入る事になった。

従姉妹の姉たちもそれぞれの事情で家を出る事になり、母方の実家には今は誰も住んでいない。

あの置物と人形たちが供養されずに取り残されている。

ひょっとしたら母親が供養しているかもしれないけど、たまにその誰もいない家の置物と人形たちの事が気になったりする。

人が住まなくなった家はどんどん荒れてくるから、あの裕福で賑やかで明るい自慢の家が、ただ廃屋になるのが嫌なのかもしれない。

いつも読んでくれてありがとう。







-エッセイ, オカルト・スピリチュアル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

繁華街の心象風景

僕はスナック、キャバクラ、ガールズBAR、コンカフェなどのお店によく行く。 いわゆる水商売系。 行く理由としては、そこで魅力的な異性と出会って恋愛がしたいからだ。 大人になってからの夜の過ごし方なんて …

アニメ『AKIRA』万能感VS肯定感

あらすじ 1988年、関東地区に新型爆弾が使用され、第3次世界大戦が勃発した――。2019年、ネオ東京。金田をリーダーとするバイクの一団は進入禁止の高速道を疾走していた。しかし、先頭にいた島鉄雄は突然 …

暗闇ブラウニー

うら若き乙女でなくても、たった一人で歩く夜道は心細いものだ。 田舎であれば物の怪の類に用心し、都会であれば変質的な人種に用心する必要がある。 その日バイト帰りで同僚と酒を引っかけた僕は、アパートに帰宅 …

Bruxism

Bruxism。英語で歯軋り。記事に良さげなタイトルが思いつかなかったら、ちょっと洒落てみた。 僕は3ヶ月に1回、行きつけの歯医者で歯の定期検診を受ける。若い歯科助手の女性に口の中を弄られると、なんか …

シャーマニズムとメンヘラ

シャーマニズムとメンヘラ女子

僕がこれまで出会って来たメンヘラ女子たちは、なぜか霊感(第六感的なもの)がある人が多かった。 亡くなった僕の祖母もメンヘラっぽい性格の人で、何度か霊体験のようなものをした事があると言っていた。 メンヘ …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク