「 哲学・思想 」 一覧

一番古い孤独と母親との記憶

2020/10/15   -哲学・思想

僕が抱えている慢性的な孤独癖と厭世観は、何が原因なのか? それが知りたくて、愛着障害に関する本を読み漁っているうちに、幼少期の母親との関係が引っかかって来たので、一番古い孤独の記憶を思い出して振り返っ …

『吾輩は猫である』 ~漱石に見る諦念と達観

2020/09/30   -哲学・思想, 芸術
 

精神科医の岡田尊司さんの著書『愛着障害』を読んで、日本を代表する文豪・夏目漱石が「恐れ・回避型の愛着スタイル」に該当する可能性がある事が分かった。 僕も愛着障害の診断テストを受けると、愛着不安と愛着回 …

支配者のキモチ

2020/09/26   -哲学・思想

THE ブルーハーツが「48億の個人的な憂鬱~♪地球がその重みに耐えかねてきしんでる~♪」って歌ってた時から何年経つだろうか? 48億どころか、今地球の人口は70億人くらいになった。 地球がその重みに …

時が止まってしまった少女

2020/08/21   -哲学・思想

愛着障害に関する本を読んでいて、ちょっと気になる出来事が最近あった。 たまに飲みに行くBARで、店の女の子に関する共通の愚痴や不満を、他の店員さんやお客さんから聞く機会が増えたのだ。 僕もその子がいる …

大の大人がオイオイ泣いた

2020/08/17   -哲学・思想

あれはいつだったろうか? 僕の父親の友人が、僕の祖母の膝にもたれて、オイオイと泣いていた事があった。 地元の街役場に勤めている立派な大人。 スーツを着て、きちんとネクタイを締めて、自分の家族はもちろん …

盆提灯が消えた

2020/08/10   -哲学・思想

恥ずかしながら、盆提灯には迎え火の役割がある事をつい最近知った。 今年はコロナの影響で、実家から「お盆の帰省は控えてくれ」と言われているので、お盆は一人で過ごす事になった。 馬鹿らしいけど、帰省して感 …

マンガ『愛と呪い』物語で救う

2020/08/02   -哲学・思想, 芸術
 

不穏な社会。宗教を盲信する家族。父親の性的虐待。私は自分も、この世界も、誰かに殺して欲しいのだった――。酒鬼薔薇世代がくぐり抜けた「あの頃」を見つめ直す半自伝的90年代クロニクル。 原作:ふみふみこ …

たまに行者する

一時期よく山登りをしていた。 きっかけは新田次郎の山岳小説『孤高の人』を読んで影響を受けたからだと思う。 夕暮れに下駄を履いて易々と六甲山に登った破天荒な男が、自身の類稀な登山の才能に目覚め、常に単独 …

HSPは生存戦略

2020/07/14   -哲学・思想
 

HSP( Highly sensitive person)は高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性 )を持つ人のこと HSPはかなり繊細で、その敏感すぎる特性ゆえにストレスを感じやすく、現代社会で …

変化して流転して、宇宙誕生前からいる“自分”

2020/07/11   -哲学・思想

直観的に理解出来た事を人に説明するのはすごく難しくて、うまく書けないと思うけど、万物について気付いた事をちょっと書いてみたい。 まだ曖昧な概念なので、たぶん伝わらないと思う。 たぶん伝わらないし、世の …

アニメ『千と千尋の神隠し』 亡き兄の思い出

あらすじ 両親と共に引越し先の新しい家へ向かう10歳の少女、千尋。しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を感じていた。やがて千尋たちの乗る車はいつの間にか“不思議の町”へと迷い込んでしまう。 …

ゴキブリを想う

2020/06/25   -哲学・思想

先日家にゴキブリが出た。 流しのあたりをウロチョロして、僕に見つかるとすぐにサッと物陰に隠れていた。 僕はゴキブリを殺さない。 見た目は確かに気持ち悪いと思う。 この世界にゴキブリを好きな人はほとんど …

大きな退屈の波がまた来た!

2020/06/23   -哲学・思想

大阪に来て、今年で四年目か? また大きな退屈の波が来た。 それに合わせてタイミングよく派遣の契約が切れ、運良く思わぬ大金も入って来たので、これを機に何か新しい事をやってみる事にした。 前回の大きな退屈 …

法

もし法で守ってもらえなかったら

2020/05/27   -哲学・思想
 ,

プロレスラーの木村花さんが、ネットで匿名の人たちから誹謗中傷を受けて自殺した。 僕はただそういうニュースを目にしただけで詳しい事情はわからない。 でもこの事件をきっかけに怒りを感じた人たちから、匿名で …

宮崎勤『夢の中~連続幼女殺害事件被告の告白』世間に理解されない罪

宮崎勤自身の口から彼が起こした事件の事、そしてこの世界、この社会について思う事、感じている事を話して欲しかった。 世間は彼をオタク、ロリコン、精神異常者として理解し、納得する事でしかこの事件を捉える事 …

矢追純一『ヤオイズム』 私は人間原理主義者である

UFOなどのオカルト番組で有名になった矢追純一さんの著書。 矢追さんはある時から「恐怖」という感情をまったく感じなくなったらしい。 恐怖をまったく感じないから、常に自由気ままで思い通りの人生を生きられ …

コロナ禍はメディア禍

2020/04/23   -哲学・思想

僕はテレワークの対象ではないので、コロナ禍でも平日は毎日出社して働いている。 会社までは片道40分かけて歩き、淀川の河川敷を辿って行き来している。 非常事態宣言により、外出自粛の要請が出ている中、淀川 …

未来は行くもの、来るもの

2020/04/08   -哲学・思想

僕がこのコロナ禍を乗り越えられるかどうかは正直分からないけど、この事態を乗り越える事が出来たら、その後の人や社会は今より良くなっていると思う。 未知のコロナウィルスによって、グローバリズムが抱えていた …

今のうちに遺書、死ぬつもりは毛頭ないけども

2020/04/01   -哲学・思想

まったく実感がないまま、コロナでいつ死んでもおかしくない状況に、日本も世界もなっているようだ。 だからまだ死ぬつもりはないけど、もし死んでしまった時のために、このブログに遺書を残しておこうと思って書い …

実感無き深刻な事態を受けて

2020/03/30   -哲学・思想

今日ネットニュースを見たら、志村けんさんが亡くなっていた。 数日前までは大丈夫そうな印象があったけど、突然逝ってしまった。 その事に驚きはあっても、あまり実感はなく、悲しみもそれほど湧いて来ない。 子 …

祐喜代(sukekiyo)

PROFILE

PROFILE

祐喜代(SUKEKIYO)

大阪在住

社会に属しながら世捨て人として人生を謳歌するために、思索と創作表現などをしています。

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

ART、写真、小説を掲載しているHPはこちら↓

嗤う狐の藝術

祐喜代『星空文庫』ページ

嗤う狐のYOUTUBEチャンネルはこちら↓

ネットSHOP

SUKEKIYOオリジナルアートSHOP

『AMS』はこちら↓

https://ams.base.shop/

 

スポンサーリンク